失敗の経験は、自分の器を大きくしてくれる。

エレベーターが怖い

阿吽の気づき:ミスをする、間違えることは「悪いこと」「恥ずかしい」「怖い」と捉えた記憶が、さらに間違えて怖いと感じる出来事を作り出していた。

 

吽くん、エレベーターが苦手だと

思ったことある?

 

阿ちゃん、エレベーターが苦手なの?

 

知ってるかもしれないけど、エレベーターてさ。

自分が押した階じゃないところにも止まるんだよ。

会社が12階でね。

11階で降りた人につられて、

降りちゃったの。

「あっ間違えた」と思って、戻ったら、

エレベーターに噛まれたんだ。

ドアに「ガブッ」て音も大きく出た。

慌てているところに、ガブッされて

降りた人に見られて、恥ずかしかった。

その時「もぉ~エレベーターは怖い。」て

無意識で思ってたの。

 

ククク、エレベーターさんも

「阿ちゃん怖い~」て思ってるかもね。

 

あのね~それでね、それからというもの

エレベーターに遊ばれることが何度か起きて、

「やっぱりエレベーターは怖い。」て

また思ってるんだ。

 

ククク、エレベーターさんは

「私のせいじゃないのに」て思ってるよ。

 

ほんとだ!エレベーターさんのせいにしてた。

私ったら、完璧に外のせいにしてる。

自分が思い込んでただけなんだよね。

実はこれ、を見て分かったんだ。

 

どんな夢だったの?

 

あのね、帰宅途中の電車に乗ってて、

降りる駅を間違えてるの。

1文字違いの駅だった。

「1文字違いか間違えやすいな」て、

自宅マンションに到着して

エレベーターのボタンを押す瞬間に

なにか違和感…怖いような。

「なんだろう?この感覚」

その時に目が覚めたんだ。

 

エレベーターのボタンを押すたびに、

「怖い」を無意識で感じるのは、

記憶の再生だったんだね。

夢の中でも再現された。

 

エレベーターさん、今までありがとう。

「恥ずかしい」「怖い」は自分の捉え方

作りました。

この経験に感謝します。

この記憶を手放します。

風船に取りつけて…

宇宙へ飛ばしちゃった。

 

間違えたとき、自分を責めたり

言い訳するのは、自分を守るため

間違いというのは、一つも存在していないよ。

ただ経験をしているだけ。

豊富な経験は、財産だよ。

 

これからも、間違えてもいいよ。

だって、もう怖くないもん。

間違いを怖れる

吽くん、

「エレベーターが怖い」を手放したら、

別の記憶を思い出したの。

 

ひとつ手放すと、

隠れていた記憶が

出てくるもんね。

 

仕事だったよ。

仕事は、間違いがないか探していた。

自分に強いストレスを与えていたんだ。

あのエレベーターは職場にあった。

 

「間違える怖れ」を職場で持っていたから、

エレベーターで「怖い」を感じる

出来事が作られたんだね。

 

仕事は新しいことを知る喜びがあったけど、

間違うと、苦しかった。

でも捉え方を変えたんだ。

「間違えやすい箇所はこことここね。」て

教えてもらったと、解釈した。

そして「間違ってもいいよ~」て

自分に言ったの。

 

間違えることは、悪いことじゃない。

 

間違えることが怖かった経験に感謝し、

手放します。

「間違がえるのが怖い」を風船につけて

宇宙へ飛んでいっちゃった。

 

 

怖れ記事一覧

人の目

阿吽の気づき:人の目を気にすると、自分じゃない行動をしちゃうね。ホントの気持ちで行動しよう、それが幸せだもん。阿ちゃん、夢を見たよ。どんな夢だったの?続きものみたいで2つ。1つ目は広い部屋でグループに分かれ営業してる。僕はそのひとつのリーダーみたい。隣りのグループの女性から好かれているみたい。視線を...

≫続きを読む

 

恥ずかしい

阿吽の気づき:「恥ずかしい」は自分を傷つける。自信がないから人の目が怖かったんだ。安心するための自分の言動に気づいてみよう。私はもう恥ずかしくありませーんと叫んでみよう。吽くん、私ね子供の頃、人見知りだったの。阿ちゃん、今は想像つかないよ。中学生の時に体育館で「将来の夢」の作文をイヤイヤ発表して、笑...

≫続きを読む

 

過食症

阿吽の気づき:過食症になったのは、拒絶と失望を味わってきたことで、代償行為として食事で満たそうとしていた。食べ終わると「太りたくない」て嘔吐してたんだ。今の現実を受け入れ、自分を愛することで止めることができた。吽くん、さっき食べ過ぎちゃった。阿ちゃん、味わって食べてなかったでしょ?テレビ見ながら、な...

≫続きを読む

 

先祖から子孫へ

阿吽の気づき:子供の頃に叱られた記憶が、自分の子供にも強要していたんだよね。家系の連鎖は先祖から子孫へと続いていくよ。それに気づくまではね。吽くん、私さ、娘に泥んこ遊びをさせなかったことを思い出したんだ。阿ちゃん、泥団子、楽しいのにね。洋服を汚すと、ものすごく怒っちゃう。それって、記憶の再生でしょ。...

≫続きを読む

 

束縛と依存

阿吽の気づき:束縛されることが「愛されている」ことだと思い込んでいた。だからその時は、自由がなく苦しくても、愛されようとしてきた。自分を愛していない人は、だれも愛することができない。吽くん、昔の恋人に束縛くんがいたのよ。阿ちゃん、束縛って、どんなこと?彼は、一日に何度も電話やメールをよこす。女友達と...

≫続きを読む

 

毛虫が嫌い

阿吽の気づき:毛虫が嫌いなのは、過去の記憶を持っているから。嫌いなものを克服しよう。昔はゴキブリも怖かったんだけどな~吽くん、たいへん。とうもろこしの髭にいらっしゃったのよ。なにが?ケムケムよ。イモムシのこと?そう、ビックリして怖いわ~ケムケムの記憶はもう手放したのに一度手放したことで、再び感情が出...

≫続きを読む

 

浮気を疑う

阿吽の気づき:「浮気を疑う」本心を言わずに、我慢をして傷ついているのは自分の心。記憶の再生で、過去の記憶が自動的に思い起こされ、浮気を疑っている。自分を苦しめる考え方、感情を手放そう。愛する人に、自分の心を開いてごらん、お互いの経験の違いを楽しもう。吽くん、奥さんの浮気を疑ったことってある?阿ちゃん...

≫続きを読む

 

嘘をつくと、嘘をつかれる

阿吽の気づき:「嘘も方便」や「嘘から出たまこと」、自分を守るための嘘はもう必要ない。嘘をつくと、嘘をつかれることが起きるんだ。阿ちゃん、僕「嘘をつくのは悪い」の信念をまだ持ってたみたい。吽くん、よく気づいたね。職場の同僚がね。お客さんに対して、隠し事をしてるのを見たんだよ。感情が湧いたの?そう、僕は...

≫続きを読む

 

相手の意見に合わせてしまう

阿吽の気づき:相手の意見に合わせて「そうだね~」って調子よく言っちゃうんだ。相手を傷つけたくなかった。嫌われたくなかった。でも心はモヤモヤして苦しかった。吽くん、私の友人が、「相手の意見に合わせないと嫌われる」って言うんだ。阿ちゃん、日本には同調圧力ってあるらしいね。それだね、怒っている人の意見に、...

≫続きを読む

 

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム