素直に分かりませんと言ってみよう

知ったかぶり

阿吽の気づき:知ったかぶりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手と対等でいたいし、馬鹿にされたくないんだ。でも心はドキドキして緊張してる。そんなエネルギーの無駄遣いは、もうやめよう。

 

吽くん、知ったかぶりって

したことある?

 

阿ちゃん、適当に「そうだね~」とか、

知らないのに言っちゃうとき、あるね。

 

落語を見に行ったの。

その題名は、「知ったかぶり」

 

面白そう~

どんな内容だったの?

 

医者が、患者のお坊さんに質問をした。

「テンシキはありますか?」と

お坊さんは、思わず「ありません」と

答えてしまったことで、

ストーリーが展開していくの。

 

「テンシキ」ってなに?

 

お坊さんも何のことか

気になって仕方がない。

小坊主さんに「花屋へ行って

借りてくるように」って言うんだ。

小坊主さんは「テンシキって何でしょうか?」

お坊さんは「以前に教えただろう、

同じことを言わせるな」って。

 

小坊主さんも、分からなかったんだね。

 

花屋さんは、床の間に飾っていたけど

親戚に気に入られて、さしあげました。

もう一つあったけど、

味噌汁に入れて食べてしまった。

 

植物なの?

 

お坊さんは、小坊主さんに薬を取りに行かせて、

テンシキについて、詳しく

聞いてくるようにと言うんだ。

 

お坊さんは、

「分かりませんから教えてください」と

言えないんだね。

 

実はテンシキとは、

オナラのことなんだってさ。

 

なんだ、オナラか。

 

医者は、気を利かせて、品のある言葉を

使ったんだって。

 

突然言われると、知りませんとは、

言えないことって、あるね。

 

小坊主さんは、

「テンシキとは、さかずきのことでした」って、

お坊さんに嘘をついた。

 

仕返しだね。

 

さかずきのことを、お坊さんは、

テンシキって呼ぶようになってね。

小坊主さんは、その度に陰で笑ってた。

 

一つの知ったかぶりから、

大変なことになったね。

 

医者が、お寺に来た時に、

お坊さんが「素晴らしいテンシキがあるので、ぜひ見ていただきたい」

医者は「健康でなにより、人に見せるものではないので」と

「これ小坊主、テンシキを持ってきなさい」

となって、バツの悪い状況になった。

 

面白いね。

どうして、知ったかぶりって

しちゃうんだろう。

 

多分、私は、見栄を張っちゃう。

自分に自信がないからかな~

 

僕は仕事で、知ってるかのように振る舞って

強く見せようとしていたかも。

馬鹿にされないように、

相手と対等でいたいね。

 

知ったかぶりして

話しを合わせている時って、

ばれないように

緊張してドキドキしちゃう。

 

エネルギーの無駄遣いだった。

僕は、相手からバカにされてもいいよ。

 

知ったかぶりの経験に感謝し、手放します。

知らないことがあってもいい。

私は、知ったかぶりをする必要がなくなった。

「知りません」と言えるようになった。

 

 

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
自分を見失う
自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾って、それが自分だと思い込んでいた。 だから相手から見下されている気がしたんだ。
スポーツがストレス
楽しいはずのテニスがいつの間にかストレスになっていたの。スポーツは勝敗を決めるための争いじゃない。思考から離れて夢中で身体を動かす過程を楽しむんだ。
正直者が馬鹿をみる
「正直者が馬鹿をみる」それが真実のように思い込んでいた。法律を巧みにかいくぐりお金儲けのために、ワイロや接待が当たり前、「皆もそうしてる」って言い訳してた。誠実が、誠の実りを生み出すってわかったよ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
同窓会でよく見られたい
同窓会で「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」のにって思ってる。自分の思いが現実になっただけだった。
配偶者をバカにする
相手をバカにして侮辱してしまうのは、「バカにされたくない」を持っているから。「バカにされた」と心が捉えると、過去に自分が否定され傷ついた記憶が呼び起されて、怖れを感じている。そしてまた「バカにされたくない」から、相手をバカにしてしまう。これの繰り返しから卒業しよう。
ひじをつくのは横柄
お客の立場で、ひじを突くのが偉そうで横柄に見えた。過去に感じた記憶が思い起こされて、その仕草を見て嫌な気分がしたんだ。「偉そう」を手放したら、自分が「謙虚」にふるまっていたことに気づいたよ。
頑張っても報われない
「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思っていた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前に鏡となってあらわれたんだ。
うらやましい
嫉妬していたのは、過去の記憶が呼び起されて感じていた。嫉妬は、自分自身を傷つける。要らない考えは手放そう。もしくは、考え方を変えて受け入れちゃおう。
褒められて嬉しい
褒めてくれた相手は、誰かと比べて言っている。「褒められ」と心が捉えたことで「嬉しい」感情が湧いている。その逆の「注意された」と心が捉えて「苦しい」感情を経験する。対立する二極から、自分を解放しよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム