拒絶されてもいい

親切からの拒絶

阿吽の気づき:相手に喜んでほしくて親切にしていたんだけど、期待していた反応がなくて、勝手に拒絶されたと思い込んで、そのことを考えるたびに自分を傷つけた。拒絶の傷は、腰痛で肉体にあらわれたんだ。

 

吽くん、昨日の夜に

ギックリ腰になってさ。

けっこう痛かったんだ。

 

阿ちゃん、それって、

「親切からの拒絶」を感じてない?

 

まさにそうだった。

腰痛ってそれが原因なの?

 

すべてがその原因じゃないけど、

「親切からの拒絶」の記憶は、

肉体の反応として

脳や脊髄に現れることがあるって。

 

昨日夕方、友人に話し過ぎたと考えてたんだ。

その人に知って欲しい。

情報を提供したいと思った。

それが親切だって。

そして、「それをしなきゃいけない」

「そうしないと自分は愛されない」って。

 

他者から愛されようとしたんだね。

 

あとね、相手が喜んでくれるはずと思ってた。

たぶん、期待をしてたんだろうね。

期待と反応が違うから、拒絶されたように感じた。

 

相手から拒絶されたように感じたら

苦しいね。

 

私は他者に与えないと、

愛されないと思ってた。

他者から愛されるために行動していた。

自分を愛していないから、

他者から愛されようとした。

 

何かをしなくても、どんな状態でも、

阿ちゃんは愛されている存在だよ。

 

吽くん、ありがとう。

記憶は、昨日の夜に感謝して手放しちゃったの。

それでね、今朝起きたら腰の痛みが消えちゃった。

 

身体が教えてくれてたんだ!

「自分を愛して~」って

 

腰に、手を当てて、

痛くしてごめんね。ありがとう。

これからは自分を愛するね。

 

拒絶されたわけじゃないのに、

想像で、自分を傷つけていたんだね。

 

電話に出ない

吽くん、私のお母さんがね。

昨日から腰が痛いって。

 

親切から拒絶の

経験をしたのかな

 

まさにそうだった。

お母さんは、脚の悪い友人のために、

時々買い物をしている。

約束の前日に、友人に電話したけど出ない。

次の日も、折り返しが無い。

お母さんは、「自分からは、もう電話しない」って。

 

親切にしていた相手に、

今度は、冷たい態度、二極の対立だね。

 

お母さんは、相手が喜んでくれると

期待があった。

 

電話したのは、何日前のことなの?

 

一週間前のこと。

おせっかいだったのかしら、とか、嫌われてる、とか

自分で作った妄想は、ほとんどが不健康な発想で、

何度も自分を傷つけていた。

 

そして一週間後に、

腰痛として肉体にあらわれた。

 

その話しに続きがあって、お母さんは昨日

別の友人の家に遊びに行ったの。

その友人は、ダックスフンドの老犬を飼っている。

友人は犬用の乳母車を、新しく買って、

古い乳母車は、マンションのゴミ置き場に捨てた。

それを見たマンションの住人が、老犬が死んだと、

思い込んで、お悔やみを言われた話しを友人から聞いたんだって。

 

お母さんの心が、外の世界に映し出されて

友人が似たようなことを経験してるね。

 

そう、出来事をありのまま見ようとせず、

心が、勝手な解釈をしている。

 

捉え方によって、感情は変わる。

 

ありのままを見るなら、

連絡が繋がらなかった、ということ

たとえ、相手から「拒絶されてもいい」って、

お母さんと話してたんだ。

その後、お母さんの腰痛は、消えちゃった。

 

 

関連ページ

悲しみと洗濯機
心の記憶は似たようなシテュエーションで呼び起こされている。古傷を思い出したところで過去はもう過ぎたこと。後悔はエネルギーのムダ遣いだよ。古い記憶の再生はもう十分なので手放します。
遅刻
「遅刻は悪いこと」て信念を持ってたみたい。遅刻するのがキライだった。数分の遅刻でも苦しくて憂うつになって自分を傷つけてた。もう嫌な感情はすぐ手放しちゃおうね。
子供から拒否
僕は子供に言いたいことを直接言えなくてワイフから伝えるようにさせてたんだ。子供から拒否されたくなかった。父親も僕に同じことをしていたから気づかなかった。
不満が執着を生む
別れのとき満足していれば執着はしない。不満とする考えが執着心を生み悲しくなるんだね。解釈を変える方法があるってさ。過去は変えられるんだね
被害者と加害者
被害者だとする記憶は、加害者の経験をする。望む望まないに関わらず、出したものが返ってくるってさ。それが宇宙のことわり
ストレス解消
ストレス解消の行為だと思っていたら、自分を傷つける感情を思い出しながらしてたんだ。無意識だから気づかなかったんだよね。気分が高揚する楽しいことをすればストレス解消ができたんだ。
配慮が足りなかった
目の前で悩んでいる女性の悩みは、自分の心に共通して持っている。自分が考えたことがオーダー通り現実を作り出していたんだ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム