頑張るは調和を乱す。

頑張っても報われない

阿吽の気づき:「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思い込んでいた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前にあらわれたんだ。

 

ねえ、吽くん、頑張ることってある?

 

阿ちゃん、以前は頑張って仕事していたけど、

今は、力を抜いて、やりたい時に

やりたいことをしてる、って感じかな。

 

気功をしている人が、

頑張るとエネルギーが

うまく働かないって。

 

それ、分かる気がする。

空回りする時がある。

 

職場に頑張り過ぎて、

疲れてる人がいたの。

「頑張っても報われない」

「仕事を辞めたい」って泣いてた。

 

それって、阿ちゃんの心が外の世界に

映し出されて、そうなってるかもよ。

 

あちゃ~ごめんなさい。

私は、何でも頑張ってきた。

家事も子育ても、仕事も人間関係だって、

頑張ってきた。

まあ、勉強は頑張ってないか。

 

相手の分まで頑張ると、

調和が取れなくなるよ。

 

カニさん、どうして私が頑張ると

調和が取れないの?

 

頑張るは、我を張ること

他者の役割を奪うことになるよ。

奪い合う世界じゃなく、

調和の世界にするんだ。

 

頑張ることは良いことだと思ってた。

だから、他者の仕事も手伝っちゃう。

 

物事に、良い悪いはない。

言い方を変えると、

良い悪いの、両方が含まれる。

 

阿ちゃんは、自分のために

頑張っていたんだね。

 

頑張らないと、

怠けて手を抜いているような気がして

あ~これも思い込みか、

怠けているわけじゃないのに。

 

自分が全てをやろうと思わないこと。

 

「頑張れば報われる」と

「頑張っても報われない」は

同じこと、表裏一体でセットだね。

 

頼まれてもいないのに、

他者の分まで頑張るのは、もうやめます。

次の日、辞めたがっていた人は、

元気に生き生きと、働いていました。

 

 

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
自分を見失う
自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾る、それが自分だと思い込んでいた。。
スポーツがストレス
楽しいはずのテニスがいつの間にかストレスになっていたの。スポーツは勝敗を決めるための争いじゃない。思考から離れて夢中で身体を動かす過程を楽しむんだ。
正直者が馬鹿をみる
お金儲けのために、法律を巧みにかいくぐり、ワイロや接待が当たり前になっていたんだよね。「皆もそうしてる」て言い訳して、誠実じゃないことに気づかなかったんだ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
同窓会でよく見られたい
「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」て感情を味わう。思いが現実になってるよ。
配偶者をバカにする
夫婦のトラブル、相手をバカにし侮辱するのは、劣等感を持っているからだった。
肘をつくのはマナーが悪い
肘をつく行為が、偉そうで横柄に見えたの。「肘をつくのはマナーが悪い。」この常識が真実だと思い込んでいた。「偉そう」を手放したら「謙虚」にふるまっていたことに気づいたんだ。
嫉妬でうらやましい
嫉妬していたのは、過去の記憶が呼び起されて再生されていた。若い頃に無意識で感じていたんだろうね。要らない感情は手放すことができる。
知ったかぶり
知ってるふりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手に聞くのが悪いから?それとも相手と仲良くなりたい?それとも自分を守るため?
褒められて嬉しい
「褒められて嬉しい」と思うのは自由だけどさ、それに囚われないでね。相手は誰かと比べて言っているだけ。「注意されて苦しい」がセットだよ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム