人からよく見られたいは、幻想だよ。

同窓会でよく見られたい。

阿吽の気づき:同窓会で「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」のにって思ってる。自分の思いが現実になっただけだった。

吽くん、恥ずかしいことしちゃった。

 

阿ちゃん、意味のないことは起きないよ。

自分でオーダーしたんじゃないの

 

自覚ないけど、そうなりますよね。

先月、大人数で同窓会をするって

誘われたんだ。

私は、日程を一か月間違えたの。

同級生が経営しているお店、

恥ずかしくて、キャーって感じ。

 

「恥ずかしい」をオーダーしたんでしょ?

 

「恥ずかしい」をオーダーする人なんていないよ。

あれ?いつも会うメンバーの同窓会なら、

同じことしても、恥ずかしくない。

 

恥ずかしいを感じた時、

どんなこと思ったの?

間違えた!恥ずかしい!

よく見られたいのに~。

「よく見られたい」って

以前にも考えてなかった?

 

無意識だろうけど、実際に、

しっかりお化粧して、オシャレな服を選んだ。

久しぶりで何を話すんだろうとか、

でもいつも会うメンバーの同窓会なら、

オシャレはしないし、楽しいに決まってる。

「よく見られたい」もないよ。

 

無意識で「よく見られたい」と思ったことで、

恥ずかしい現実が作られて、

また「よく見られたい」と思うことが起きる。

しかも、同窓会の前に味わってるよ。

 

現実化が早い~

 

「よく見られたい」は、エゴの心が言い出している。

背伸びして、見栄を張って

自分じゃないことして、苦しいだけ。

阿ちゃんは、今のありのままでいいんだよ。

 

カニさん、そういえば、

勝ち組の同級生と比較してた。

自分を受け入れてないところがある。

 

受け入れることは、手放すことだね。

 

私は大手企業に勤めてない。

家は賃貸、収入は不安定、

離婚歴あり、子供を産んでいない、

一般的にいうと、負け組。

なーんて、ここまでは思ってないけど、

劣等感を持っていた。

 

なにも所有していなくてもいいんだよ。

自慢できることがなくていい。

「良く見られたい」を経験したかっただけ。

 

この経験に感謝し、手放します。

イメージで、「よく見られたい」自分に

水を掛けたら、消えちゃった。

自分に劣等感がなくなった。

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
自分を見失う
自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾って、それが自分だと思い込んでいた。
スポーツがストレス
楽しいはずのテニスがいつの間にかストレスになっていたの。スポーツは勝敗を決めるための争いじゃない。思考から離れて夢中で身体を動かす過程を楽しむんだ。
正直者が馬鹿をみる
「正直者が馬鹿をみる」それが真実のように思い込んでいた。法律を巧みにかいくぐりお金儲けのために、ワイロや接待が当たり前、「皆もそうしてる」って言い訳してた。誠実が、誠の実りを生み出すってわかったよ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
配偶者をバカにする
相手をバカにして侮辱してしまうのは、「バカにされたくない」を持っているから。「バカにされた」と心が捉えると、過去に自分が否定され傷ついた記憶が呼び起されて、怖れを感じている。そしてまた「バカにされたくない」から、相手をバカにしてしまう。これの繰り返しから卒業しよう。
肘をつくのはマナーが悪い
肘をつく行為が、偉そうで横柄に見えたの。「肘をつくのはマナーが悪い。」この常識が真実だと思い込んでいた。「偉そう」を手放したら「謙虚」にふるまっていたことに気づいたんだ。
頑張っても報われない
「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思っていた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前に鏡となってあらわれたんだ。
嫉妬でうらやましい
嫉妬していたのは、過去の記憶が呼び起されて再生されていた。若い頃に無意識で感じていたんだろうね。要らない感情は手放すことができる。
知ったかぶり
知ってるふりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手に聞くのが悪いから?それとも相手と仲良くなりたい?それとも自分を守るため?
褒められて嬉しい
褒めてくれた相手は、誰かと比べて言っている。「褒められ」と心が捉えたことで、「嬉しい」感情が湧いている。その逆の表裏一体「注意された」と心が捉えて、「苦しい」感情を経験する。対立する二極から、自分を解放しよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム