後悔はエネルギーのムダ遣い

悲しみと洗濯機

阿吽の気づき:記憶は似たようなシテュエーションで呼び起こされている。過去はもう過ぎたこと。悲しい記憶はもう十分なので手放します。洗濯機さんありがとう。

 

吽くん、洗濯機がね。

昨日壊れたんだ。

 

阿ちゃん、離婚する時に買ったんでしょ。

まだ新しいよね。

 

そう、昔の古い洗濯機が壊れたときね。

元旦那さんに「新しい洗濯機を買いたい。」と

話したら、その返事で、

彼が離婚するつもりだと確信したんだ。

 

辛い記憶だね。

 

洗濯機の不調と悲しみがセットで

私の潜在意識に記憶されたんだ。

だから、洗濯機の強い音がする度に、

無意識で思い出していたんだろうね。

 

感情によく気づいたね。

 

最初は気づかなかったんだよ。

昨日この感情はなんだろうと思ったら

映像が出てきたんだ。

悲しんでいる自分がいた。

抱きしめてあげたの。

そして記憶を手放したんだ。

 

僕も、阿ちゃんを、

いい子いい子してあげるよ。

 

ありがとう、手放した後でね、

洗濯機はもう諦めてたんだけど、

もう一度スイッチを押したら、

なんと!動いたんだよ、普通にね。

 

阿ちゃんの持っていた記憶から、

洗濯機が動かなくなり、

悲しみを味わう現実が作られたんだね。

 

洗濯機さん、いつもありがとう。

「離婚は悲しいこと。」て思ってたから、

その時は悲しみでいっぱいだったけど、

お陰で「愛ってなんだろう。」と求めることができた。

今は離婚の経験に、感謝してるよ。

 

その時点では悲しくても、

解釈はいつでも変更できるね。

あの経験のお陰でって。

受け入れることは、手放すこと。

 

元旦那さんにも愛を送るよ。

お陰で、私はとっても幸せだから。

 

阿ちゃんは元旦那さんと仲良しだよね。

 

彼は元旦那さんではなくて、

友人と設定したんだ。

 

関係性も自由に作れるね。

分かってるよ

阿ちゃん、洗濯機の文章さ、分かりにくいよ。

いつの洗濯機が壊れた話しなの?

 

どのあたり?

 

こうなって、こうなって…書いてある。

 

そうだね。その説明の通りだよ。

こうなって、こうなってる。

 

でもおかしいよ。

こうなって、こうなって。

 

分かったよ。書き直すね。

吽くん、私、なんでか笑っちゃうよ。

吽くんが頑張って話せば話すほど、

笑いがこみ上げてくるの。

 

ひどいな~

僕は一生懸命話してるのに。

 

どうしてか分かんないよ。

カニさん、教えて~

 

阿ちゃん、答えは自分がもう感じてるでしょ。

笑ってる時、どんな風に感じた?

 

そういえば言葉が出てきたよ。

「分かりきったことを話してる」てね。

 

子供の時に、

大人が子供に、知らないと思って

一生懸命説明していた。

「分かりきったことを話してる。」て

考えながら笑いをこらえていたことがあるね。

記憶の再生だよ。

 

吽くんに思っただけではなくて、

自分が説明する時にも思ったよ。

笑いをこらえながら、

「分かりきったことを説明している。」てね。

 

された経験は、

する側の経験もするんだったね。

 

ああ、そういえば昨日ね。

電車を乗り間違えたの。

乗る前に「分かってる、分かってる、大丈夫。」て

自分に言い聞かせていたんだ。

 

関連した記憶が呼び起こされて、

その波動で、

僕は演じさせられたんだね。

 

吽くん、ありがとう。

この経験に感謝します。

十分に楽しめたので手放します。

笑い袋に詰めて…

ボタンを押したら消えちゃった。

 

 

関連ページ

遅刻
「遅刻は悪いこと」て信念を持ってたみたい。遅刻するのがキライだった。数分の遅刻でも苦しくて憂うつになって自分を傷つけてた。もう嫌な感情はすぐ手放しちゃおうね。
親切と拒絶
愛されるために、他者に親切にしていたんだよ。そして自分の意に反した相手の反応は拒絶と思っちゃてた。心の傷は肉体に現れて教えてくれてたんだ。
子供から拒否
僕は子供に言いたいことを直接言えなくてワイフから伝えるようにさせちゃってたんだ。子供に拒否されたくなかった。それは父親が僕に同じことをしていたからだった。
喪失感 執着
別れのとき満足していれば執着はしない。不満とする考えが執着心を生み悲しくなるんだね。解釈を変える方法があるってさ。過去は変えられるんだね
被害者
被害者だとする記憶は、加害者の経験をする。望む望まないに関わらず、出したものが返ってくるってさ。宇宙の決まり事を知ると面白いね。
ストレス解消
ストレス解消の行為だと思っていたら、自分を傷つける感情を思い出しながらしてたんだ。無意識だから気づかなかったんだよね。気分が高揚する楽しいことをすればストレス解消ができたんだ。
配慮が足りなかった
目の前で悩んでいる女性の悩みは、自分の心に共通して持っている。自分が考えたことがオーダー通り現実を作り出していたんだ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム