僕の服、僕の車、僕の役職は、僕じゃない。

自分を見失う

阿吽の気づき:自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾って、それが自分だと思い込んでいた。 だから相手から見下されている気がしたんだ。

阿ちゃん、

車を運転していて気づいたよ。

 

吽くん、どんなこと?

 

僕の車は古いし、

グレードが高いわけじゃない。

 

大切に乗ってるんだね。

 

この間、狭い道で外車とすれ違う時に、

僕は相手が通りやすいようにと

広い所までバックした。

そしたら、外車の運転手は、

まだ通りづらいのか、今度は「もう少し前に来いよ」

みたいな手振りをするんだ。

ちょっと気分が悪いけど従った。

 

嫌な感じがしたんだね。

 

そして、ふと思った。

「もし僕の車が、その外車より立派だったら

どうだったんだろう」ってね。

 

相手がバックしたかもって?

 

そこまでは思わないけど、

そんなに偉そうな態度

とらなかったんじゃないかって。

 

相手が高級車だと

すれ違いは慎重になるね。

 

それと同じことを、自分もやってるって

気づいたんだよ。

 

どうゆうこと?

 

あのね、服だよ。

 

えっ、服?

吽くん服着てたっけ?

 

あのね~僕はこう見えて服にはうるさいんだよ。

身だしなみっていうか、

服って大切だと思うんだ。

服装が綺麗な人は、普通より

立派な気がするし、

実際、偉いと言われる人は

綺麗な服装してるって思うんだ。

 

泥棒だって、最近はスーツ着て

小ぎれいにしているらしいよ。

 

所有物で自分が判断されていると思った。

僕の車、僕の服は、僕自身じゃない。

それが嫌だなと思った。

でも本当は、自分が人を判断する時に、

外の装飾で判断していたんだ。

 

相手に思うことは自分のこと、

鏡の法則だね。

 

外側に価値があると思い込んでた。

外側の装飾で判断するのは、もうやめます。

僕は見栄のために着飾る必要がなくなった。

洋服は、自分の好きな服を着る。

もう、自分を見失わないよ。

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
スポーツがストレス
楽しいはずのテニスがいつの間にかストレスになっていたの。スポーツは勝敗を決めるための争いじゃない。思考から離れて夢中で身体を動かす過程を楽しむんだ。
正直者が馬鹿をみる
「正直者が馬鹿をみる」それが真実のように思い込んでいた。法律を巧みにかいくぐりお金儲けのために、ワイロや接待が当たり前、「皆もそうしてる」って言い訳してた。誠実が、誠の実りを生み出すってわかったよ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
同窓会でよく見られたい
同窓会で「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」のにって思ってる。自分の思いが現実になっただけだった。
配偶者をバカにする
相手をバカにして侮辱してしまうのは、「バカにされたくない」を持っているから。「バカにされた」と心が捉えると、過去に自分が否定され傷ついた記憶が呼び起されて、怖れを感じている。そしてまた「バカにされたくない」から、相手をバカにしてしまう。これの繰り返しから卒業しよう。
ひじをつくのは横柄
お客の立場で、ひじを突くのが偉そうで横柄に見えた。過去に感じた記憶が思い起こされて、その仕草を見て嫌な気分がしたんだ。「偉そう」を手放したら、自分が「謙虚」にふるまっていたことに気づいたよ。
頑張っても報われない
「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思っていた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前に鏡となってあらわれたんだ。
うらやましい
嫉妬は、過去の記憶が呼び起されて感じていた。嫉妬するエネルギーは自分自身を傷つける。要らない考えは手放そう。もしくは、考え方を変えて前向きに考えてみよう。
知ったかぶり
知ったかぶりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手と対等でいたいし、馬鹿にされたくないんだ。でも心はドキドキして緊張してる。そんなエネルギーの無駄遣いは、もうやめよう。
褒められて嬉しい
褒めてくれた相手は、誰かと比べて言っている。「褒められ」と心が捉えたことで「嬉しい」感情が湧いている。その逆の「注意された」と心が捉えて「苦しい」感情を経験する。対立する二極から、自分を解放しよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム