映画から学ぼう。過去の感情を呼び起こしてくれるよ。

『聲の形』(こえのかたち)

公開2016年 129分
日本アニメを映画化
『週刊少年マガジン』2013年掲載。単行本は全7巻。
原作 大今良時  監督 山田尚子
聲の形

 

イジメをテーマに、登場人物の抱えている感情に気づきます。

 

大嫌いだった。もう一度会うまでは…

 

重たい内容とは裏腹に、色合いや表現は優しく、木や川の自然が爽やかなタッチで描かれています。

 

ガキ大将の小学6年生の主人公石田将也のクラスに、聴覚障害の西宮硝子が転校してきました。

 

声を形にした筆談や手話で会話をしようとする小学生たち。

 

書くほどの会話でもなかったり、「いい子ぶってんじゃねーよ!」て、彼女のニヤケている笑顔の意味が分りませんでした。

 

彼女を面倒に感じているクラスメートの感情を代弁するかのように、
石田将也は彼女をイジメるようになりました。

 

彼は最後まで受け入れられず、彼女は転校してしまいました。

 

その直後、担任がイジメをしたのは誰か厳しく追及。

 

石田将也は、「俺だけじゃない、クラスのほとんどがしていた。」

 

この発言によって、今度は彼がイジメの対象となりました。

 

友達を失うことで「友達の定義」について、彼は考えました。

 

これ以上はネタバレになるので言えませんが…

 

似たような考え方を持っている二人は、引き寄せ合い経験します。

 

したことは返ってくる。
聲の形-2

 

幼少期の経験が、怖れとなって自分を苦しめていました。

 

しかし、変わりたいと思った時に、変わることができる。

 

人は、人との関わりで傷つき、人から癒されます。

 

観た人の経験によって、気になるキャラクターが違うと思います。

 

 

阿ちゃんの気になるキャラクターは、障害を持つ自信のない西宮硝子。
コンプレックスがあることで、自信がないから八方美人になってしまう。
「ごめんなさい。ありがとう。」て嫌われないようにしていたら口癖になっていた。
私は、嫌と言えず頑張ってきた。
自分の感情を相手に伝えるのが下手でいつもニコニコしてきた。

 

吽くんの気になるキャラクターは、不器用で繊細、激しい気性の植野直花。
成績は良くないけど、センスはある。
強がってしまうのは、傷つきやすく繊細だから。
手話を使って、恥ずかしくて逃げてしまう。
僕の中にある恥ずかしがり屋が彼女と共感してしまうね。

 

あなたの気になるキャラクターはいますか?

 

 

関連ページ

『きっと、うまくいく』
人生は競争、必死で点を取らないと蹴落とされる。点数を取るための教育は学問じゃないよ。社会の構造、大人の価値観を、子供に押し付けないで。 ムチを使えばライオンも芸をする。そんなのライオンじゃないよ。
『カフェ・ド・フロール』
輪廻転生は、似たような魂の関係性で繰り返される。自分の感情に気づくことは負のスパイラルから解放される。映画から教えてもらおう。捉え方は人によって違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『美しい緑の星』
自分が地球で生まれて当たり前にしていることに気づくよ。今までの観た映画の中で最も気づきが促される作品です。観るだけで波動が変わります。
『ライフ・イズ・ビューティフル』
映画から教えてもらおう。映画の捉え方はみな違う。人生も捉え方は違う。「意思がすべて」嘘も方便だと実感できる。
『バタフライ・エフェクト』
自分の選択が、調和や愛からのものならば、地球の裏側で愛が生まれる。過去で起きた出来事は、捉え方を書き換えれば、タイムマシンに乗ったも同然。
『ペイ・フォワード』
直訳は「先に支払う」です。恩恵を与えてくれた人に返すのではなく、別の人に善意を広めていく。人は一人より誰かの力で増すことが出来ます。善意が善意を生み世界中に広がるね
『ルドルフとイッパイアッテナ』
私たち人間は、なんのために学校で勉強するのでしょうか?子供たちは汚い言葉を使うのがカッコいいと思い込み「死ね、殺すぞ」と平気で言うようになりました。
『スウィート ノベンバー』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方が皆違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『今を生きる』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『pk』
映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。話題的に難しい宗教のタブーをコミカルに表現しているよ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム