映画から学ぼう。

『ルドルフとイッパイアッテナ』

1987年に刊行、著者は斉藤洋さん
シリーズ累計100万部のベストセラーが映画化
2016年8月公開
ルドルフとイッパイアッテナ

 

監督『ポケットモンスター』湯山邦彦さん
監督『スシニンジャ』の榊原幹典さん
脚本『「妖怪ウォッチ』シリーズの加藤陽一さん

 

家の中で飼われていた猫ルドルフは、捨て猫のイッパイアッテナから世界の広さを、教えてもらいます。

 

鎖につながれた猛犬ウルフが、猫に意地悪をしていたのは、自由な猫がうらやましかったから。

 

「絶望は、愚か者の答え」

 

「黒猫が縁起が悪いなんて迷信だ。そんなことを今どき信じるのは、教養がねえ証拠さ。」

 

「言葉を乱暴にしたり下品にしたりするとな、自然に心も乱暴になったり下品になってしまうもんだ。」

 

「ちょっとできるようになると、それを使って、できないやつをばかにするなんて、最低の猫のすることだ。教養のある猫のやるこっちゃねえ。」
ルドルフとイッパイアッテナ

 

人間は、なんのために学校で勉強するんだろうかね。
何不自由のない裕福な生活をするため?
自分の好きなことを知るため?
それとも、親を喜ばせるため?

 

相手に「こんなことも、できないのか」て判断し、批判していることってありませんか?

 

子供たちが、汚い言葉を使いたがるのは、それがカッコイイという思い込みから。
自分の力を感じたくて、しまいには「死ね、殺すぞ」と使っています。

 

私たちの名前は、生まれてから誰かが名付けてくれました。
同じ名前の人間も存在している。
名前なんて、本当はどうでもいいこと。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

『きっと、うまくいく』
人生は競争、必死で点を取らないと蹴落とされる。点数を取るための教育は学問じゃないよ。社会の構造、大人の価値観を、子供に押し付けないで。 ムチを使えばライオンも芸をする。そんなのライオンじゃないよ。
『カフェ・ド・フロール』
輪廻転生は、似たような魂の関係性で繰り返される。自分の感情に気づくことは負のスパイラルから解放される。映画から教えてもらおう。捉え方は人によって違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『美しい緑の星』
自分が地球で生まれて当たり前にしていることに気づくよ。今までの観た映画の中で最も気づきが促される作品です。観るだけで波動が変わります。
『ライフ・イズ・ビューティフル』
映画から教えてもらおう。映画の捉え方はみな違う。人生も捉え方は違う。「意思がすべて」嘘も方便だと実感できる。
『バタフライ・エフェクト』
自分の選択が、調和や愛からのものならば、地球の裏側で愛が生まれる。過去で起きた出来事は、捉え方を書き換えれば、タイムマシンに乗ったも同然。
『ペイ・フォワード』
直訳は「先に支払う」です。恩恵を与えてくれた人に返すのではなく、別の人に善意を広めていく。人は一人より誰かの力で増すことが出来ます。善意が善意を生み世界中に広がるね
『スウィート ノベンバー』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方が皆違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『今を生きる』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『pk』
映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。話題的に難しい宗教のタブーをコミカルに表現しているよ。
『聲の形』
映画は過去の感情を呼び起こしてくれる。捉え方は皆違う。人生と同じだね。イジメをテーマに、登場人物の自分を苦しめる感情に気づきます。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム