不満が執着を生む

不満が執着を生む

阿吽の気づき:望んでいないことは、なかなか、受け入れられない。不満と心が捉えると、執着を生み、悲しくなるんだね。過去の出来事も、解釈は変えられる。

※執着とは、仏教の言葉で、ある人物や、物事に捉われて、そこから離れられない心の状態。仏教では、苦しみの原因は、執着から来ると言われている。

 

阿ちゃん、小銭入れ、落としちゃった。

すごくショックだよ。

この感情は、悲しみ、後悔、喪失感

う~、悲しくなっちゃう。

 

小銭入れって、

吽くんが、気に入ってるのだね。

 

今までは、新しい物を買えばいいやって、

でも、そんな単純に考えられないよ。

財布にも、意識があるんだもん。

一つの別れみたいだ。

悲しい出来事として、記憶されるかな?

 

事実が、記憶されるよ。

その解釈は、変えられる。

 

カニさん、解釈って?

 

楽しい感情か、辛い感情か。

 

大切な小銭入れを失くして、

楽しい感情に、変えられるの?

 

今まで一緒にいられたことに、感謝とか。

別の小銭入れとの、出会いのキッカケを作ってくれたとか。

出来事を、どう解釈するかは、自由。

 

そっかぁ!いい思い出を、ありがとう。

新しい出会いが、あるんだね。

僕、気持ちが、楽になったよ。

執着を、手放せた気がする。

 

吽くん、小銭入れは、探してみたの?

落とした場所に、届いてるかもよ。

 

僕、後悔してるだけだった。

落としたかもしれないお店に、電話してみるね。

あった!届いてたよ~、涙が出ちゃう。

 

良かったね~、吽くん。

でもさ、戻ってきたことで、吽くんは、

小銭入れに、また、執着を抱くかな?

 

自分次第だよ。

一度失くした物が、戻ってきた。

満足すれば、執着はないよ。

 

そうかぁ!満足すれば、執着はしない。

不満だと、執着が生まれるんだね。

 

小銭入れさん、戻ってきてくれて、ありがとう。

拾ってくれた人に、感謝します。

 

出来事を、ありのまま見れないのは、

心が、勝手な解釈をしているから。

過去でさえ、健康的な解釈に、変えられる。

「あの経験のお陰で…」と、

感謝で、受け入れることができるよ。

関連ページ

悲しみと洗濯機
心の記憶は似たようなシテュエーションで呼び起こされている。古傷を思い出したところで過去はもう過ぎたこと。後悔はエネルギーのムダ遣いだよ。古い記憶の再生はもう十分なので手放します。
遅刻の憂うつ
遅刻するのも、遅刻されるのも、嫌な気分がした。遅刻した時の過去の記憶が、思い起こされていたんだ。自分を傷つける不健康な感情は、すぐに手放そう。
親切から拒絶
相手に喜んでほしくて親切にしていたんだけど、期待していた反応がなくて、勝手に拒絶されたと思い込んで、そのことを考えるたびに自分を傷つけた。拒絶の傷は、腰痛で肉体にあらわれたんだ。
被害者と加害者
被害者だとする記憶は、加害者の経験をする。望む望まないに関わらず、出したものが返ってくるってさ。それが宇宙のことわり
ストレス解消
ストレス解消の行為だと思っていたら、自分を傷つける感情を思い出しながらしてたんだ。無意識だから気づかなかったんだよね。気分が高揚する楽しいことをすればストレス解消ができたんだ。
配慮が足りなかった
目の前で悩んでいる女性の悩みは、自分の心に共通して持っている。自分が考えたことがオーダー通り現実を作り出していたんだ。

 
トップページ サイトマップ 気づきフォーム 【無料】電話/リモート