すべての考え方を一度手放してみようよ。

贅沢は敵

阿吽の気づき:子供の頃に言われた「贅沢は敵」の言葉を持っていると、贅沢してるって感じて、罪悪感を味わってることに気づいたんだよ。

 

吽くん、私の親は共働きでね。

母親は長いこと働いていたんだ。

 

お母さんは働き者だね~

 

お母さんは時々言ってたよ。

「こんなに贅沢をしていいのかしら」

美味しい物食べたり、旅行に行ったり

買い物するときに、

「こんなに贅沢していいのかしら」てね。

 

お母さんは、もしかすると

「贅沢は悪いこと」て

記憶があるんじゃない?

 

そうなの!戦争中のスローガンでね。

「贅沢は敵」

「欲しがりません勝つまでは」

戦争は終わったのに、

今までずっと大事にその信念を持って、

我慢したり、罪悪感を感じてきたんだろうね。

 

でもさ、贅沢しないのは良いこと

でもあるよね。

 

実は私も、贅沢が苦手なんだ。

「質素は徳を積んでる」て気がして

倹約は良いことだって思ってた。

 

贅沢の基準は、人それぞれ。

「これは贅沢、これは倹約質素。」という

価値観を持つことで、

感情を味わっているだけなんだよ。

 

カニさん、お母さんは、

「働かざる者食うべからず。」て

働かないのは贅沢だと思ってたんだよ。

 

それを持ってると、病気の時など

働かない自分は贅沢をしている。

無意識で罪悪感を味わうだろうね。

 

お母さんは、気づいたよ。

「贅沢は敵ではない」て

 

気づいて受け入れることは、

手放すことだね。

 

私の中からも贅沢と倹約質素が、消えちゃった。

目の前のことを、ただ楽しんでるだけね。

 

 

関連ページ

残さず食べなさい
親が言っていたことを大事に持ってた。睡眠不足になると食事で愛の補給をする。罪悪感の記憶が罪悪感を感じることを作り出していたんだね。
話しを聞いて
親との関係でできた感情は記憶になって再生される。それが伴侶、子孫へと伝わっていくんだね。代々受け継がれる家系が持つ意識なんだって。
子供の接し方
親は子供が子供のままでいてほしい。子供の自立心を考えて行動しよう。苦労を掛けたくないは親のエゴだよ。
学びの邪魔
「手伝うことは良いこと」て囚われていたんだ。相手の学びの邪魔になってるなんて気づかなかった。失敗しても素晴らしい経験で、財産なんだ。
わがまま
「わがままは悪いこと」て思ってたんだ。我慢して自分を押し殺して自分を傷つけていたことに気づかなかった。ありのままの自分を表現して自分を大事にしよう。
計画が苦手
旅行や仕事の計画を立てるのが苦手だったの。計画通りいかないのが怖かったんだよね。その記憶から、さらに苦手と思うことが作られてたんだ。
旅行が苦手
理由は分からないけど、旅行が苦手なんだ。その記憶を持っていると、「帰りたい」現実が作られちゃう。感情はもう十分に味わったので手放します。
食べても太らない
自分のこと決めつけてない?「食べても太らない」て言ってたら実現するよ。「晴れ女」「私は運がいい」て言ってればそうなるね。プラス、マイナスなことに関係なく、自分につけたレッテルを手放そう。
ジンクス
勝つために、こだわりを持ってジンクスを使うのは自由なんだ。でもあるとき「気づく」よ「何のために勝ちたいのか」てね。愛からの行動なら勝つためじゃなく、相手の喜びが自分の喜びになる。
職場の嫌いな人
私の嫌いな人は、自分の心の反影、自分を映し出す鏡の役割をしていたんだ。相手を批判する必要はない。相手を受け入れてみよう~嫌いな人はいなくなるよ。
うるさいから静かにして
他者に注意するのは、過去の記憶からだよ。注意する側は注意される側の経験を持っている。
苦労は買ってでもしろ
「苦労は徳を積む」て思い込んでた。苦しくても「試されてる」て思うようにして頑張ってたんだ。でもねそれは、自分が作り出した考え方に囚われていただけ。
褒めるのは従わせるため
子供や部下を褒める目的ってな~に?相手をその気にさせるため?自分に従わせるため?素直な気持ち?心にある微妙な目的に気づいてみよう。
マンネリが安心
楽なことが幸福、なにもないことが幸せ、今の状況に慣れているから楽なだけだった。それが幸福なんだって思い込んでいたから、ちょっとした変化やトラブルで不安になっていたんだよね。
障害者への偏見
自閉症の子供に好きなことをさせて才能を伸ばすことが大事って聞いたけど…健常者も同じだよね。持っている才能は皆一人ひとり違うんだもん。
「~であるべき」「~しなくちゃいけない」
自分のこだわり、信念が、自分の可能性や自由を奪い苦しめるんだね。「~であるべき」「~しなくちゃいけない」は手放そう。
本人に名前を聞くのは失礼
昔の知り合いにバッタリ会ってさ、名前が思い出せない時ってあるよね。「本人に名前を聞くのは失礼なこと。」て思い込んでた。
外出しないと勿体ない
休みの日って何してる?「外出しないと勿体ない。」て当たり前のように思い込んでいたよ。勿体ないが現実になるよ。
仕事は合理的にするもの
「仕事は合理的にするもの」だって、その言葉に囚われていたんだよ。それを大事にしてると、それを感じる出来事が起きちゃうよ。
話しは最後まで聞く
相手の話しは最後まで聞かなきゃいけないって、相手を見て思ってたみたい。その状況が作られて気づいたよ。
飴とムチ
子供への教育は「飴とムチ」って信念は、真実ではないよ。真実だと思い込んでるから気づかないんだ。
敬語を使わなくちゃいけない
職場に行くと「敬語を使わなくちゃいけない」という意識が漂っている。無意識でその逆の、ため口を言ってしまうんだ。
やってはいけない
「人道的にやってはいけない事をしている。」て相手に想っているのは、自分が一番気をつけてることだからだった。何度も想うことで現実に現れてまた感じる、この繰り返しだった。
私が話したのに聞いていない
似たような出来事で過去の記憶が呼び起こされ、同じように捉えて、感情が湧いていたんだね。
卑下してしまう
相手が女性だから、相手がおごってくれるから、下心があるように思われたくなくて連絡しづらくなっていた。もとの原因は、自分にはその価値がないと思っていたからだった。
トイレをゆずりたい
公共のトイレで子供に順番をゆずったんだ。良いことをしたって思い込んで、また同じ状況が作られ経験してるだけだった。
浅はかで軽率
「浅はかで軽率なことをした~」て何度も思っていたから、その感情を味わうために無意識で行動してしまうんだね。
むくいてあげたい
「むくいてあげたい」を持っていると、むくえてない自分を感じ、罪悪感や無力感を抱いてしまう。世の中の出来事は、自分の言葉や思いによって作られているんだね。
期待と失望
過去の記憶から期待してしまうんだね。過剰な望みを抱くと、その裏にある失望感を味わうことになる。
お返しを考える
何かを受け取るたびに、相手にお返しを考え「申し訳ない」感情で、お返しをする。自分の罪悪感を癒すための行為は卒業します。
自分が正しい
自分の考えが正しいと思ってた。「もう~」と「まだ~」って捉え方は自由だけどさ、どちらの考え方も押しつけることじゃない。今を楽しもう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム