自分を苦しめる「考え方、感情」を手放そう。

人生の真実

 

人生は、自分の思い、言葉、行為をもとに作られています。

 

自分を傷つけるのは、他人や外の状況ではありません。

 

自分の考え方や感情が、自分を苦しめています。

 

心を見つめ、不健康な思いは手放すことができる。

 

玉ねぎの皮、一枚一枚をはがすように…

 

 

心が、本当の自分だと思っていませんか?

人によって考え方が違うように、

変化する心は、真実ではありません。

 

心は道具

道具に使われるのではなく、

道具は、使うためにある。

心は、ホントの自分にたどり着くための、道しるべ。

 

心は、記憶をもとに判断しています。

自分を守るために

「ああでもない、こうでもない」と

言い出してきます。

 

「自分はダメな人間だ」

「お金がない、時間がない、自分にできるわけがない」

「結婚相手は、この条件が必要」

「あの人は、嫌い」

「嫌われたくない」

「なんで私ばっかり」

「常識でしょ、こうあるべき」

「あれをしなくちゃいけない」

「なんで、やってくれないの」

 

出来事に意味はありません。

意味は、人間の心が作ります。

出来事を、どう捉えるかは自由

心の自由が、尊重されています。

 

苦しみを感じたら、考え方を変えるチャンス。

原因と結果の因果律、カルマの法則

苦しみによって、人間に気づきをもたらす

宇宙の智慧

 

自由を感じるには、不自由の経験が必要でした。

 

思いやりを持つには、痛みの経験が必要でした。

 

自分を知るには、他者との比較が必要でした。

 

真実を求めるには、幻想が必要でした。

 

闇があったから、光を認識できました。

 

 

不満、怖れ、比較、の闇を選びますか?

それとも

満足、喜び、調和、愛、の光を選びますか?

 

あなたの思い、言葉、行為が、

あなたの選んだもので、あなたの受け取るもの。

 

頭の中で

終わったはずの過去

起こるか分からない未来

不健康な思いの中で、生きていませんか?

 

生きるとは、

一呼吸、一呼吸、今を生きること。

 

不健康な思いは、手放すことができる。

阿ちゃんは、「あー」と手放す。

吽くんは、「うん」と受け入れる。

阿吽は、表裏一体

 

心の中にある、その感情を、

阿ちゃんは「あー」と手放す。

手放す行為は、イメージ、言葉、文字、なんでもOK。

手放す許可を、自分自身に出すんだよ。

 

吽くんは、「うん」と受け入れる。

経験に感謝して、考え方を変えて、受け入れる。

相手も、自分も、ゆるしちゃう。

 

どちらのやり方でも、

自分の心をキレイにすることが出来る。

 

無駄なことは一つもない。

一人ひとりの経験が、素晴らしい。

 

人間たちは地球で、対立する二極を旅しているよ。

損だ得だ、嫌い好き、不安安心、

良い悪い、速い遅い、寒い暑い

年上年下、男女、太い細い

高い安い、理想と現実

 

二極からなる、考え方を手放すと

両方の束縛から、解放される。

 

手放すことは、消滅するのではなく

なにも欠けていない状態

ホントの自分になるということ。

 

ホントの自分とは、真我(しんが)と呼ばれ、

永遠、不滅、無痛、無形、無触、無味、無嗅、

観るものであって、観られることはない。

真我は、私たちに、生命エネルギーを注いでいる

命そのもの

 

外の世界を、心を通して観ているために

真我は、心にエネルギーを与えている。

心(エゴ)を手放し、心が静まると、

真我そのものがあらわれる。

 

自分を傷つける不健康な心(エゴ)を、

一つひとつ、阿吽たちと一緒に、手放していこう。

 

 
 
 

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム