夏は特別な気がしてた。

夏の終わり

阿吽の気づき:「夏の終わり」を感じると、毎年寂しくなっていたんだろうね。無意識だから気づかなかったよ。

 

阿ちゃん、8月がもうすぐ

終わっちゃうよ。

 

吽くん、どうしたの

元気ないね。

 

僕、寂しくなっちゃった。

今朝、風がひんやりしてて

「これから段々と冬になってゆく。」

「あ~夏が終わっちゃう。」て思ったら

急に寂しくて、切なくて、ため息出ちゃった。

 

それ記憶の再生でしょ。

吽くん、夏か好きなの?

体温熱いし、汗っかきだし、

どう見ても夏向きじゃないでしょ。

 

あのね~そこは関係ないの。

夏と言えば、太陽、プール、海、バカンス、

もう、細胞一つひとつが南国気分!

夏はスペシャルなんだよ。

 

プププ、吽くんの夏は、

テンション高まっちゃうのね。

 

でも夏は終わってしまうもの。

ひと夏の恋が終わる…とか。

 

反動で寂しくなってたのね。

 

夏にテンションが高まるのも、

寂しい感情が湧いてくるのも、

10代の記憶の再生だった。

もう十分に経験したので、

ビーチボールに…記憶を吹き込んで…

空高く蹴っちゃった。

 

 

関連ページ

隣人の視線
不安がよぎるたびに、考えないようにって思っていたんだよ。そしたら夢で再現されたんだ。これで完了!もう不安に思わないよ。
隠し事が暴かれる
隠し事は、暴きたくなる。隠すから、暴かれる。二つはセットだったんだ。両方を手放してみると、暴くことも、隠す必要もないと分かったんだ。
愛とは
愛は、変化したり、減ったり増えたりしないんだ。真実の愛は、ただ愛するだけ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム