映画から学ぼう。自分の感情を呼び起こしてくれるよ。

『美しい緑の星』

『美しい緑の星』

1995年フランス映画

コリーヌ・セロー主演監督作(90分)

 

美しい緑の星

発売禁止のため、YouTubeでご覧ください。

 

初めに動物と人間の目が映ります。

電車の隣に座るだけでは意識の交流は起こりません。

目を合わせたり、相手に意識を向けるこで意識の交流が起きます。

 

地球に生まれて、当たり前になっていることに気づかせてくれます。

何度も観ることをオススメします。

オープニングとエンディングの音楽と映像を感じてください。

 

心の解放が進むと、レタスの葉やイチョウの葉などの葉脈の美しさに感動します。

 

例えば、葉を見る時、

木の名前を考えたり、

実や花を想像しない。

思考をめぐらさないで感じてみよう。

 

美しい緑の星

関連ページ

『きっと、うまくいく』
人生は競争、必死で点を取らないと蹴落とされる。点数を取るための教育は学問じゃないよ。社会の構造、大人の価値観を、子供に押し付けないで。 ムチを使えばライオンも芸をする。そんなのライオンじゃないよ。
『カフェ・ド・フロール』
輪廻転生は、似たような魂の関係性で繰り返される。自分の感情に気づくことは負のスパイラルから解放される。映画から教えてもらおう。捉え方は人によって違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『ライフ・イズ・ビューティフル』
映画から教えてもらおう。映画の捉え方はみな違う。人生も捉え方は違う。「意思がすべて」嘘も方便だと実感できる。
『バタフライ・エフェクト』
自分の選択が、調和や愛からのものならば、地球の裏側で愛が生まれる。過去で起きた出来事は、捉え方を書き換えれば、タイムマシンに乗ったも同然。
『ペイ・フォワード』
直訳は「先に支払う」です。恩恵を与えてくれた人に返すのではなく、別の人に善意を広めていく。人は一人より誰かの力で増すことが出来ます。善意が善意を生み世界中に広がるね
『ルドルフとイッパイアッテナ』
私たち人間は、なんのために学校で勉強するのでしょうか?子供たちは汚い言葉を使うのがカッコいいと思い込み「死ね、殺すぞ」と平気で言うようになりました。
『スウィート ノベンバー』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方が皆違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『今を生きる』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『pk』
映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。話題的に難しい宗教のタブーをコミカルに表現しているよ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム