気を遣いすぎるはエネルギーの無駄

気を遣いすぎる

阿吽の気づき:相手の話しを聞きながら、違うこと考えてる。その内容は、相手が疲れていないか帰りの時間のことが浮かんできて、会話を楽しんでいなかったんだ。

阿ちゃん、僕のお友達がね。

気づいたことがあるんだ。

 

吽くん、どんなこと?

 

今にある意識について

彼と話していたんだよ。

「相手が話しているときは、

考えずに相手の話しを聴く」

 

うんうん。

 

そしたら、彼は僕の話しを聴きながら

違うことを考えていることに気づいたんだ。

 

まあ、たいてい

違うこと考えてるよね。

 

彼は僕を気遣うことを考えてくれてた。

僕の肩こりのこと。

僕の帰りの時間のこと。

癖にように、いつも考えるんだってさ。

彼は子供の頃に「周りの人を気遣う子」て

言われたことがある。

 

きゃ~私もそういうところあるよ。

日程を決めるとき相手のために、

お天気が気になったりするの。

でも、相手は雨でもOKだよって。

取り越し苦労だったて思った。

 

僕もそうなんだよ。

勝手な思い込みで、遠慮したり、

相手が面倒じゃないかって思っちゃう。

 

でも、相手は面倒だとは

思っていない。

 

「周りに気を遣う」の表裏一体は、

最近手放した「配慮が足りない」

 

両方でセットだったんだ。

 

「周りに気を遣う」の経験に

感謝し手放します。

もう勝手な思い込みで気を遣わないよ。

 

周りに気を遣いすぎることが

なくなりました。

 

 

 

相手の顔色をうかがう

 

吽くん、お友達の女性がね。

相手に気を遣って疲れちゃうんだってさ。

分かっているのに止められないの。

 

楽しめていないんだね~

どうして相手に気を遣うの?

 

嫌われたくないから。

嫌われると寂しくなっちゃう。

寂しい思いをするのが怖いの。

 

過去の記憶の再生だね。

全員に好かれる必要はないのに。

自分を出さないで我慢して

好かれたところで、意味ないよ。

 

「親に恩返しをしないと」て言うんだ。

「育ててもらうのに、お金を使わせてしまった」て、

私立の高校、歯列矯正とか。

 

親がお金の愚痴をこぼしているんだろうね。

本当の愛なら、見返りを求めないよ。

 

彼女はお兄さんと家を出て

二人で住む予定なんだってさ。

「家にいても心が休まらない」て言ってた。

 

愚痴っぽい親に愛されたいは、

辛かっただろうね。

 

彼女にね、言葉を変換してもらったの。

「阿ちゃんに嫌われてもいい」て言えたよ。

でも「お母さんに嫌われてもいい」は

言えなかった。

 

「嫌われたくない、愛されたい。」

を持っていると、

嫌われたくない状況、

愛されたい状況が

現れちゃうよ。

それが宇宙のルールだもん。

 

親も、愛の欠乏によって

子供から愛を奪おうとしているんだ。

 

親の機嫌を損ねないよう気を遣い、

エネルギーを与えて

疲れてしまうんだね。

 

相手の言いなりになって

与えるのが癖になった。

 

まずは、外に認めてもらうのではなく、

自分を認めてあげる。

今の自分を、愛することから。

 

 

関連ページ

ため息
「ため息」てさ、苦しいとき出ちゃうよね。「ため息」は心の解放になるけど、「ため息」の波動は、そばにいる人達に害を与えているよ。
考えを押しつける
親切の押し売りは、お節介。考えを押し付け相手を支配しようとしていた。相手の考える力を奪っていたことに気づかなかった。あくまでも提案として話してみよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム