不安は必要ない

隣人の視線

阿吽の気づき:不安がよぎるたびに、考えないようにって思っていたんだけど、そしたら夢で再現されたんだ。これで完了!もう不安に思わないよ。

吽くん、不安だったのよ。

 

なにが?

 

マンションのベランダから

隣人が覗くんじゃないかって。

 

それオーダーしてるよ。

 

不安がよぎると、

そのイメージに囚われてしまうのよ。

現実になるから考えないようにって

思ってるんだけど。

 

考えないようにって考えてたんでしょ。

それで現実になったの?

 

そう、夢の中でね。

隣のベランダをよく見たら、

しきりがガラス張りだったのよ。

「これじゃ見られても仕方ない。」て思った。

 

望みが叶ったね。

夢の中で…

 

まあそういう事になるわね。

もう願いが叶ったので、

感謝して終わりにするよ。

 

夢の中と現実は同じようなもの

求めたものが与えられただけ。

 

 

関連ページ

夏の終わり
「夏の終わり」を感じると、毎年寂しくなっていたんだろうね。無意識だから気づかなかったよ。この経験は十分に味わえたので手放します。
隠し事が暴かれる
隠し事は、暴きたくなる。隠すから、暴かれる。二つはセットだったんだ。両方を手放してみると、暴くことも、隠す必要もないと分かったんだ。
愛とは
愛は、変化したり、減ったり増えたりしないんだ。真実の愛は、ただ愛するだけ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム