映画から学ぼう。自分の感情を呼び起こしてくれるよ。

映画から学ぶ

映画が教えてくれることってあるよね。

 

どんな映画が好きですか?

どんな台詞に、心がザワッとしましたか?

どのシーンで感じた?

オードリーヘップバーン

映画から記憶に気づくこともあるよ。

映画の捉え方は人それぞれ、人生と同じだね。

 

でも気をつけようね。

感情に流され、新たな記憶を作らないように。

例えば、悲しみにも色々あるよね。

自分のことで悲しいのか。

震災の被害者を想って悲しむのか。

 

個人的な感情が湧いたら手放そう。

 

震災の被害を悲しみと感じたときは、祈ってみよう。

祈りは、物理的なものよりもエネルギーが大きいよ。

エネルギー=愛だからね。

 

好きな映画や気づいたことを

気づきフォームから教えてください。

 

自分の人生映画は、

自分で監督、演出、主演までしてるんだよね。

3Dどころか、5感まであるよ。

波乱万丈じゃないと、面白くないよね~

 

 

映画から学ぶ記事一覧

『きっと、うまくいく』

ラージクマール・ヒラーニ監督インド映画界のスター、アーミル・カーン主演インドの超エリート大学が舞台。人生は競争かのように、必死で点を取らないと蹴落とされる。自分の価値は、テストの点数じゃない。そんな教育は学問じゃないよね。ムチを使えばライオンも芸をする。それは訓練で教育ではない。悪いのは社会の構造な...

≫続きを読む

 

『カフェ・ド・フロール』

『カフェ・ド・フロール』ジャン=マルク・バレ監督前世、現世、来世は大きく影響している。1969年のパリの人生と、現代のモントリオールの人生は、時代は違えど、同じ魂の関係性が続いている。この作品のタイトル『カフェ・ド・フロール』は、前世1969年のパリの人生で、よく聞いていた曲。現世でDJをしているア...

≫続きを読む

 

『美しい緑の星』

『美しい緑の星』1995年フランス映画コリーヌ・セロー主演監督作(90分)発売禁止のため、YouTubeでご覧ください。初めに動物と人間の目が映ります。電車の隣に座るだけでは意識の交流は起こりません。目を合わせたり、相手に意識を向けるこで意識の交流が起きます。地球に生まれて、当たり前になっていること...

≫続きを読む

 

『ライフ・イズ・ビューティフル』

ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演1997年のイタリア映画ユダヤ系イタリア人の主人公グイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。グイドの頭の回転の良さ、愛されていると感じる言葉、「愛するとは、なにか」を教えてくれる。「眠れ眠れ」と自分に言えば眠れる。「意思がすべて」純粋なグイド自身が実践し実感してきたこ...

≫続きを読む

 

『バタフライ・エフェクト』

2004年 アメリカ映画『バタフライ・エフェクト』の意味は【小さなチョウの羽ばたきが、地球の裏側で台風を起こすこともある。】カオス理論の一つ、バタフライ効果からきています。アシュトン・カッチャー演じるエヴァンが、日記から過去に戻れることを知り愛する女性、幼なじみ、母を救うために時空を超えて何度も過去...

≫続きを読む

 

『ペイ・フォワード』

2000年 原題『Pay it Forward』11才の少年トレバーは、寂しさを抱えていました。ある日、新しい先生の授業で「今日から世界を変えてみよう」自分のできる世界貢献を考えるようになりました。「ペイ・フォワード」の直訳は、「先に支払う」です。映画では「次へ渡せ」と翻訳されています。通常は、人か...

≫続きを読む

 

『ルドルフとイッパイアッテナ』

1987年に刊行、著者は斉藤洋さんシリーズ累計100万部のベストセラーが映画化2016年8月公開監督『ポケットモンスター』湯山邦彦さん監督『スシニンジャ』の榊原幹典さん脚本『「妖怪ウォッチ』シリーズの加藤陽一さん家の中で飼われていた猫ルドルフは、捨て猫のイッパイアッテナから世界の広さを、教えてもらい...

≫続きを読む

 

『スウィート ノベンバー』

2001年アメリカ(120分)監督:パット・オコナー主演:キアヌ・リーブス広告代理店の超エリート社員のネルソン(キアヌ・リーブス)は、仕事がすべての毎日だった。朝起きると、テレビをつけ、仕事のことで頭がいっぱい。携帯に縛られ、時間に追われ、通勤中も仕事のことを考えている。「時は金なり」無駄な時間は作...

≫続きを読む

 

『今を生きる』

原題: Dead Poets Society1989年アメリカ映画1959年優秀な全寮制の進学校。名門8大学への進学率75%。英語教師キーティング先生(ロビン・ウィリアムズ)は、生きるための糧とは、なにかを教えてくれた。「分かっている事も、別の面から見直せ。」「どんなにバカらしく思えても、やってみろ...

≫続きを読む

 

『pk』

インド映画 153分 日本2016年10月26日公開監督・脚本 ラージクマール・ヒラニ主演 アーミル・カーン『きっとうまくいく』の監督と主演のコンビ。テレビ局に勤める女性キャスターのジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日、神さまを探している「行方不明」のビラを配っている男(アミール・カーン)に興...

≫続きを読む

 

『聲の形』

公開2016年 129分日本アニメを映画化『週刊少年マガジン』2013年掲載。単行本は全7巻。原作 大今良時  監督 山田尚子イジメをテーマに、登場人物の抱えている感情に気づきます。大嫌いだった。もう一度会うまでは…重たい内容とは裏腹に、色合いや表現は優しく、木や川の自然が爽やかなタッチで描かれてい...

≫続きを読む

 

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム