誠実が、誠の実りを生み出す。

正直者が馬鹿をみる

阿吽の気づき:「正直者が馬鹿をみる」それが真実のように思い込んでいた。法律を巧みにかいくぐりお金儲けのために、ワイロや接待が当たり前、「皆もそうしてる」って言い訳してた。誠実が、誠の実りを生み出すってわかったよ。

 

吽くん、お父さんの会社がね。

倒産しちゃったよ。

 

大きな学びがあるだろうね。

 

お父さんは、そうなる前、

「死にたい」て苦しんでた。

それを知った私も苦しかった。

 

生まれる前に自分で作った

人生のシナリオだろうけど。

 

今は元気になって、迷惑をかけた人達に

恩返しがしたいって無償で働いてるよ。

 

ならば、お父さんに愛が

返ってくるね。

 

私はなにか、力になりたくて、

車の名義を、私に変更して使ってもらったり、

私のETCカードや口座を使ってもらってるの。

 

阿ちゃんがしていることは、

お父さんの学びを邪魔しているよ。

倒産した原因と同じことをしている。

 

それって、もしかして、

社会をあざむく不正ってことかな。

 

確かにそうかもしれない。

時々は、改ざんや不正をして、

だますようなことしてきたかもしれない。

昔は、ワイロや接待は当たり前だった。

でもさ、みんなしていることだよね。

 

みんなしているなら、してもいいことなの?

お金儲けのために他者を利用して

世の中をだますようなことをしていいの?

 

でもさ「正直者は馬鹿をみる」て

言うよね。

 

誰からみて馬鹿なのか。

正直に生きることは、馬鹿じゃない。

 

格言が現実になるだけだった。

 

確かにお父さんは、

自分の都合の悪いことは、

いまだに隠そうとしている。

私はそれに加担していたんだね。

でもね、お父さんの気持ちも分かるんだ。

大事なものを捨てるなんて出来ないよ。

 

気づくか、気づかないか、

気づいても、行動するかしないか、

その人が決めることなんだ。

手放したくないと思えば、

手放したくないと感じる現実が現れる。

隠そうとすれば、あばかれる。

潜在意識は一人称、すべてと繋がっているよ。

 

阿ちゃんにとって、

捨てられない大事なものってなに?

 

なんだろう、家族かな。

分かった!家族に囚われてた。

家族は特別なグループと思い込んでた。

家族のためならって、

嘘をついたり、ばれないように、

なんだってできるって思ってた。

誠実から、はずれているなんて

考えようともしなかったよ。

 

愛するもののために、

なんでもしていいわけじゃないね。

 

私は、家族に嫌われたとしても

誠実に、正直に、生きます。

家族を愛している、それは変わらない。

 

 

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
自分を見失う
自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾って、それが自分だと思い込んでいた。
スポーツがストレス
楽しいはずのテニスがいつの間にかストレスになっていたの。スポーツは勝敗を決めるための争いじゃない。思考から離れて夢中で身体を動かす過程を楽しむんだ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
同窓会でよく見られたい
同窓会で「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」のにって思ってる。自分の思いが現実になっただけだった。
配偶者をバカにする
相手をバカにして侮辱してしまうのは、「バカにされたくない」を持っているから。「バカにされた」と心が捉えると、過去に自分が否定され傷ついた記憶が呼び起されて、怖れを感じている。そしてまた「バカにされたくない」から、相手をバカにしてしまう。これの繰り返しから卒業しよう。
肘をつくのはマナーが悪い
肘をつく行為が、偉そうで横柄に見えたの。「肘をつくのはマナーが悪い。」この常識が真実だと思い込んでいた。「偉そう」を手放したら「謙虚」にふるまっていたことに気づいたんだ。
頑張っても報われない
「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思っていた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前に鏡となってあらわれたんだ。
嫉妬でうらやましい
嫉妬していたのは、過去の記憶が呼び起されて再生されていた。若い頃に無意識で感じていたんだろうね。要らない感情は手放すことができる。
知ったかぶり
知ってるふりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手に聞くのが悪いから?それとも相手と仲良くなりたい?それとも自分を守るため?
褒められて嬉しい
褒めてくれた相手は、誰かと比べて言っている。「褒められ」と心が捉えたことで、「嬉しい」感情が湧いている。その逆の表裏一体「注意された」と心が捉えて、「苦しい」感情を経験する。対立する二極から、自分を解放しよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム