映画から学ぼう。自分の感情を呼び起こしてくれるよ。

『今を生きる』

原題: Dead Poets Society

1989年アメリカ映画

今を生きる

 

1959年優秀な全寮制の進学校。

名門8大学への進学率75%。

 

英語教師キーティング先生(ロビン・ウィリアムズ)は、生きるための糧とは、なにかを教えてくれた。

 

「分かっている事も、別の面から見直せ。」

 

「どんなにバカらしく思えても、やってみろ。」

 

「人とは違う歩き方をしたいと思うもの。独自の歩き方、ペースをすでに持っている。」

 

「自分の声を見つけるんだ。」

 

「大胆とは、後先考えないことではない。大胆さと慎重さは、表裏一体。」

 

転校生のトッド(イーサン・ホーク)は優秀な兄がいることで、

自分はダメな人間と思い、自信がなかった。

両親がくれた誕生日プレゼントは去年と同じもの。

子供が何を求めているかは、お構いなし。

 

寮の同室のニールは、本心を父親に言えなかった。

親から期待され、医者になるように言われていた。

従順な息子の役を演じていた。

親は「お前のために犠牲を払っているのだから、期待を裏切るな!」

見返りを求めた愛は、愛に見せかけている。

 

今を生きる

親の目線で観ると、

「いい大学に入るために、いい教育を受けさせたい。」

 

子供のためにエリートの教育を受けさせたい。

 

大事に安全にレールから外れないように。

 

ああだこうだ干渉して、苦労しないように。

 

親の作ったレールから外れたっていいんだよね。

道を間違えたっていい。

本来は自分の道は自分で選ぶもの。

 

同級生のノックスは、すでに恋人がいるクリスに恋をした。

結果を怖れて、思い悩んでいた。

意を決して想いを伝えることで、

結果はどうであれ、爽快な気分になれた。

 

愛する人がいると、男性は成長していくよ。

自分自身のための男性は、挫折する。

愛はエネルギーなんだ。

愛する人が喜ぶことが、自分の喜びになる。

 

 

関連ページ

『きっと、うまくいく』
人生は競争、必死で点を取らないと蹴落とされる。点数を取るための教育は学問じゃないよ。社会の構造、大人の価値観を、子供に押し付けないで。 ムチを使えばライオンも芸をする。そんなのライオンじゃないよ。
『カフェ・ド・フロール』
輪廻転生は、似たような魂の関係性で繰り返される。自分の感情に気づくことは負のスパイラルから解放される。映画から教えてもらおう。捉え方は人によって違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『美しい緑の星』
自分が地球で生まれて当たり前にしていることに気づくよ。今までの観た映画の中で最も気づきが促される作品です。観るだけで波動が変わります。
『ライフ・イズ・ビューティフル』
映画から教えてもらおう。映画の捉え方はみな違う。人生も捉え方は違う。「意思がすべて」嘘も方便だと実感できる。
『バタフライ・エフェクト』
自分の選択が、調和や愛からのものならば、地球の裏側で愛が生まれる。過去で起きた出来事は、捉え方を書き換えれば、タイムマシンに乗ったも同然。
『ペイ・フォワード』
直訳は「先に支払う」です。恩恵を与えてくれた人に返すのではなく、別の人に善意を広めていく。人は一人より誰かの力で増すことが出来ます。善意が善意を生み世界中に広がるね
『ルドルフとイッパイアッテナ』
私たち人間は、なんのために学校で勉強するのでしょうか?子供たちは汚い言葉を使うのがカッコいいと思い込み「死ね、殺すぞ」と平気で言うようになりました。
『スウィート ノベンバー』
映画は自分の感情を呼び起こしてくれる。映画から教えてもらおう。捉え方が皆違うのは人生と同じだね。感情に流されないで観てみよう新たな記憶を作らないためにね。
『pk』
映画から教えてもらおう。捉え方は皆違う。人生と同じだね。話題的に難しい宗教のタブーをコミカルに表現しているよ。
『聲の形』
映画は過去の感情を呼び起こしてくれる。捉え方は皆違う。人生と同じだね。イジメをテーマに、登場人物の自分を苦しめる感情に気づきます。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム