愛を出せば、愛が返ってくる。

被害者

阿吽の気づき:被害者だとする記憶は、加害者の経験をする。望む望まないに関わらず、出したものが返ってくるってさ。それが宇宙のルール。

 

吽くん、黒板に爪を立てたときの音。

あれ、どう?

 

阿ちゃん、僕は平気だよ。

 

小学生の時、

男子が嫌がらせでそれをしてきたの。

私は頭にきて、その男子に

仕返しをしようとしたんだよ。

 

きゃっ、おっかな~い。

 

その男子が嫌がることをしたくて、

ヤカンを耳元に持っていって

叩いたんだ。

 

その男の子に同じ目に

合わせたかったんだね。

 

その子は嫌がる素振りもなく、

私をバカにしてきたの。

だから私は言葉で攻撃した。

「本当はすぐ泣くくせに!」てね。

してやったり!勝ったと思ったよ。

でもね、心は寂しかった。

 

被害者が加害者になっちゃた。

 

されたことで反射的に行動してた。

たぶん、兄とのケンカの感情の記憶。

自分が被害者だと思ってた。

「傷つけられた」「負けたくない」て

記憶を持ってたんだ。

 

個人的な争いが、集団になると

戦争になるね。

 

相手に負けたくなかったんだよね。

 

「目には目を、歯には歯を」は

やられたらやり返せじゃないよ。

人生の真実で解釈すれば、

「出したものが返ってくる。」

 

「負けたくない。」を持っていると

「負けたくない。」と思う出来事が

現れちゃうよ。

 

加害者と思えば、罪悪感を味わう。

被害者と思えば、怒りを味わう。

 

両方とも十分に経験しました。

経験に感謝して手放します。

氷がとけるように、私の中から消えていった。

 

そういえば、僕は会社でね。

挨拶しても挨拶をしてくれない相手に、

嫌われてると思って挨拶しなくなった。

自分が傷つきたくなかったと思う。

そいつが困っていても、手を貸さなかった。

なんかモヤモヤして罪悪感を抱いた。

相手が挨拶してくれなくても、

それは相手の人生の経験で、自由なんだ。

 

相手を受け入れることは、

自分を受け入れることだね。

 

どんな状況であっても相手を尊重します。

僕は、愛ある行動をします。

 

 

関連ページ

悲しみと洗濯機
心の記憶は似たようなシテュエーションで呼び起こされている。古傷を思い出したところで過去はもう過ぎたこと。後悔はエネルギーのムダ遣いだよ。古い記憶の再生はもう十分なので手放します。
遅刻
「遅刻は悪いこと」て信念を持ってたみたい。遅刻するのがキライだった。数分の遅刻でも苦しくて憂うつになって自分を傷つけてた。もう嫌な感情はすぐ手放しちゃおうね。
親切から拒絶感
愛されるために、他者に親切にしていたんだよ。そして自分の意に反した相手の反応は拒絶と思っちゃてた。心の傷は肉体に現れて教えてくれてたんだ。
子供から拒否
僕は子供に言いたいことを直接言えなくてワイフから伝えるようにさせてたんだ。子供に拒否されたくなかった。それは父親が僕に同じことをしていたからだった。
不満が執着心を生む
別れのとき満足していれば執着はしない。不満とする考えが執着心を生み悲しくなるんだね。解釈を変える方法があるってさ。過去は変えられるんだね
ストレス解消
ストレス解消の行為だと思っていたら、自分を傷つける感情を思い出しながらしてたんだ。無意識だから気づかなかったんだよね。気分が高揚する楽しいことをすればストレス解消ができたんだ。
配慮が足りなかった
目の前で悩んでいる女性の悩みは、自分の心に共通して持っている。自分が考えたことがオーダー通り現実を作り出していたんだ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム