変な人って言われても、もう怖くない

同調圧力

阿吽の気づき:相手の意見に、調子よく「そうだね~」って合わせちゃうことってあるよね。少数意見を言う勇気はないし、嫌われたくなかった。でも、本心を言わずに、相手に合わせていると、気分はモヤモヤして苦しくなってた。

 

吽くん、友達がね~

「相手の意見に合わせないと嫌われる」って

言うんだ。

 

阿ちゃん、それ「同調圧力」でしょ。

周りの意見に合わせないといけない

無言のプレッシャー

 

強い人の意見には、特に

「そうですね~」って言わされる雰囲気、

あるね~

 

長いものには、巻かれちゃうよ。

 

友達は「過去に違う意見を言ったら

しばらく口を聞いてくれなくなったから、

もう言えない」って。

 

傷ついた記憶が、あるんだね。

 

私は、友達から相談される前に

その友達から「今日、暑くない?」て

聞かれたの。

 

うん。

 

まずは「うん」て即答して、その後、

「昨日は暑かったけど、今日は快適」

すぐに言い直そうとしたけど、言えない。

友達は「温度を下げてもらうように頼んだ」って言うから、

さらに言えない状況、

結局、正直に話せなかった。

 

阿ちゃんは、日頃から

嘘をつかないようにしてるのにね。

 

たぶん調子がいいんだよ。言い出せない。

でも、気分がモヤモヤして、

違和感というか、とにかく居心地が悪いんだ。

 

僕も、似たようなことあるよ。

4人で喫茶店に行って、3人が「コーヒー」って言うから、

好きじゃないけど、「同じもの」って。

 

それなら私もある。

友達が、美味しいって言うパンケーキの店で、

自分だけ、スパゲティーは頼みづらい。

 

職場で、定時に「お先に~」って

言いにくい。

 

自分だけ違うことするのは、

怖いって感じがする。

 

阿ちゃんの友達の悩みは、僕たちの心が

外に映し出されていたんだね。

 

「相手の意見に合わせないと、嫌われる」は

もう十分に経験したので、手放します。

自分の、手の上に乗せて、

吹いたら、飛んでいった。

 

日本の教育は、

「出る杭は、打たれる」って

個性を出すと、「変な人」呼ばわり。

「変な人」呼ばわりする人に

好かれてもしょうがない。

 

私は、違う意見を素直に言えるようになった。

嫌われたとしても、もう怖くありません。

 

 

関連ページ

人の目
人の目を気にすると、自分じゃない行動をしちゃうね。ホントの気持ちで行動しよう。それが幸せだもん。
恥ずかしい
「恥ずかしい」は自分を傷つける。自信がないから人の目が怖かったんだ。安心するための自分の言動に気づいてみよう。私はもう恥ずかしくありませーんと叫んでみよう。
過食症
過食症は、現実を受け入れたいと思っているが、受け入れられないために行う行為。心の思いが肉体の行動にあらわれる。心が受け入れられない代償行為として食事で心を満たそうとしていた。食べ終わると「太りたくない」て受け入れられなくて嘔吐してたんだ。今の現実を受け入れ、自分を愛することで止めることができた。
先祖から子孫へ
子供の頃に叱られた記憶が、自分の子供にも強要していたんだよね。家系の連鎖は先祖から子孫へと続いていくよ。それに気づくまではね。
束縛と依存
束縛されても「愛されている」と思い込んでいた。だからその時は、自由がなく苦しくても、愛されたかった。自分を愛していない人は、だれも愛することができない。
毛虫が嫌い
毛虫が嫌いなのは、過去の感情の記憶を持っているから。嫌いなものを克服しよう。昔はゴキブリも怖かったんだけどな~
浮気を疑う
浮気を疑って、傷ついているのは自分自身。過去の記憶によって、似たような状況があると、自動的に思い起こされて嫌な感情がわいてくる。疑う気持ちを手放そう。愛する人に正直に聞いてみよう。お互いの経験の違いを楽しもう。
嘘と本心
真実を話さないで黙っていることは、嘘をつくのと同じ悪いことだと思っていた。黙っていても、嘘をついても、自分も相手もゆるします。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム