批判、敵意は、手放そう

子供がいじめられる

阿吽の気づき:子供の「いじめ」は、親のエネルギーが影響している。人に対する批判、敵意を手放して、相手を受け入れると、子供のいじめは消えてしまうよ。

 

吽くん、うちの娘が

学校で、いじめられたって。

 

阿ちゃん、いい経験したね~

 

顔に、傷があったのよ。

傷がなかったら、気づかなかったかも。

夜に、先生と、いじめた子が、謝りに来たんだけど、

許せないわ~

 

子供たちは、仲直りできたの?

 

最後に、握手して終わったけど、

ショックがあるかもしれないから

深くは聞かなかった。

次の日、学校へ行ったから、ホッとした。

カニさん、いじめは悪いことでしょ?

 

物事に、良い悪いは、ないよ。

言い方を、変えると、

物事には、良い悪い、両方が含まれる。

 

カニさん、そう受け止めたいけど

どうしても、納得できなくて、

なぜ、うちの子は、いじめられたのかしら?

 

相手を受け入れて、ないんだよ。

 

相手を受け入れれば、いいのね。

 

阿ちゃんは、自分の母親を、

受け入れられる?

 

なんで今、その話し?

母親のことは、 あ~

原因って、私だったんだ。

 

阿ちゃん、どうする?

 

私が、母親を… でしょ

難しいな~

 

「難しい」は、難しくさせてしまうよ。

 

阿ちゃんのお母さんは、

どんな人?

 

自分のやり方を、押しつけてくる人。

私がどうしたいかなんて、関係ない。

何かと口を出してきて、指示するの。

私を、信じてない!

いまだに、母と、素直に話せないんだ。

 

お母さんも、同じように、育てられたとしたら…

 

よく考えたら、私、同じことしてる。

娘のやることが心配で、

注意したり、否定したり、

彼女を、信じてあげられてない。

 

その感情を、手放しちゃえばいいね。

 

いじめの原因が、私なら、なんだって手放すよ。

私は母に、もっと信用してほしかった。

私のやることを、受け入れてほしかった。

でも、母も、同じように育てられたとしたら、

母も、同じように、辛かったと思う。

私は、母を、受け入れます。

 

阿ちゃん、言えたね。

お母さんを、受け入れたんだ。

 

私は、                          娘が失敗して、傷つく姿を、見たくなかった。

だから、私の価値観を、子供に押し付けてた。

今なら、母の気持ちが、よくわかる。

 

自分を、ゆるせたんだね。

お母さんを、ゆるすことができた。

 

私は、娘を心配するのではなく、

信じて、見守るようになった。

そしたらね、娘が話してくれたの、

「いじめは、もうないよ」って。

 

相手を信じることは、

自分を信じること。

 

僕の妻はね、僕に、いい顔しない時があって、

「どうして僕を、信用してくれないの」って思ってた。

でもそれは、子供の頃の、母に対する想いが、

妻に映し出されて、思っていたことなんだ。

「信用していないわけじゃない、ただ心配なんだ、ありがとう。」

そう、捉え方を変えて、観てみたら…

僕のやることに、嫌な顔しなくなったんだよ。

 

心配することって、

愛情だと思っていた。

心配は、心配するような事が、

ああらわれるね。。

私は、自分を信じ、

相手を、信じるようになりました。

関連ページ

おねしょ
誰でもおしっこで失敗した経験ってあるよね。少しの尿意がその記憶を呼び起こし、トイレが近くなるんだってさ。
シンデレラタイム
知識にとらわれて苦しくなってない?自分を苦しめていることに気づいてみよう。時代が変われば常識が変わる。ホントは自分が信じていることが現実になるだけなんだ。
貞操観念が低い
男性経験が豊富なことは、良いことかと思っていた。自分が必要とされることが愛されていることだと思い込んで、寂しさを解消するために付き合っていた。

 
トップページ サイトマップ 気づきフォーム 【無料】電話/リモート