遅刻してもいいんだよ。

遅刻の憂うつ

阿吽の記憶:遅刻するのも、遅刻されるのも、嫌な気分がしていた。遅刻した時の、過去の感情が、思い起こされていたんだ。自分を傷つける不健康な感情は、すぐに手放そう。

 

吽くん、お待たせ~

 

阿ちゃん、今日の待ち合わせ、

時間、ぴったりだね。

 

「遅刻しないように」って、支度してたんだよ。

玄関出たら、雨が降ってきて、

傘を取りに行って、雨靴に替えて、

「遅刻したら嫌だ~」て思いながら、支度してたの。

 

それ「遅刻して、嫌な感情を味わいます~」って

オーダーしたことになるね。

 

実現したよ。

その時点で、1本、乗り遅れて、

4分の遅刻が、決定しました。

 

僕に「悪いな~」って、思ったの?

 

吽くんに? それはないの。 

でも、おかしいよ。

たった4分なのに、胸が苦しくて、憂うつ

気が滅入って、ため息ついたんだ。

 

記憶の感情かな?

 

記憶だと思う。

私は、待ち合わせが、あまり好きじゃない。

遅刻してくる友達に、

「また遅刻か」って、嫌な感情があった。

待つのも、待たせるのも、

気分が沈むような、憂うつになっていたんだ。

だから、待ち合わせは、本屋さんか、お店でしたかった。

理由は、自分の気持ちが、楽だから!

 

自分が傷つかないように、だね。

 

遅刻の憂うつは、すぐに手放しちゃった。

電車の外に、追い出して、

「駆け込み乗車は、おやめください」って、

ホームに、置いてきちゃった。

 

僕も、手放そう。

 

そしたらね、乗り換えの時に、

ダイヤの乱れで、早い電車に乗れたの。

それで、遅刻しなかったんだよ。

 

やったね、阿ちゃん

 

もう遅刻したって、平気!

「遅刻してもいいよ」って、

考え方を替えたんだ。

遅刻する自分も、遅刻する相手も、

ゆるすことが、出来ました。

私は、心が軽くなりました。

 

時間を設定するといいよ。

方法は簡単だもん。

関連ページ

悲しみと洗濯機
心の記憶は似たようなシテュエーションで呼び起こされている。古傷を思い出したところで過去はもう過ぎたこと。後悔はエネルギーのムダ遣いだよ。古い記憶の再生はもう十分なので手放します。
親切から拒絶
相手に喜んでほしくて親切にしていたんだけど、期待していた反応がなくて、勝手に拒絶されたと思い込んで、そのことを考えるたびに自分を傷つけた。拒絶の傷は、腰痛で肉体にあらわれたんだ。
不満が執着を生む
自分の望んでいないことは、なかなか、受け入れられない。不満だと心が捉えると、執着を生み、悲しくなるんだね。解釈を変える方法があるってさ。過去は変えられるんだね。
被害者と加害者
被害者だとする記憶は、加害者の経験をする。望む望まないに関わらず、出したものが返ってくるってさ。それが宇宙のことわり
ストレス解消
ストレス解消の行為だと思っていたら、自分を傷つける感情を思い出しながらしてたんだ。無意識だから気づかなかったんだよね。気分が高揚する楽しいことをすればストレス解消ができたんだ。
配慮が足りなかった
目の前で悩んでいる女性の悩みは、自分の心に共通して持っている。自分が考えたことがオーダー通り現実を作り出していたんだ。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム