苦手なものを克服しよう。

毛虫が嫌い

阿吽の気づき:毛虫が嫌いなのは、過去の記憶を持っているから。嫌いなものを克服しよう。昔はゴキブリも怖かったんだけどな~

 

吽くん、たいへん。

とうもろこしの髭に

いらっしゃったのよ。

 

なにが?

 

ケムケムよ。

 

イモムシのこと?

 

そう、ビックリして怖いわ~

ケムケムの記憶はもう手放したのに

 

一度手放したことで、

再び感情が出てきたら

関連して他にないかと考えてみて。

 

カニさん、一度では、

手放せないものもあるのね。

 

ケムケムの場合は存在すら

忘れていればいいよ。

 

それ、大胆な提案ね。

 

それぞれ違うケムケムなのに、

出合って区別なく反応しているよ。

 

毛虫もイモムシも同じ反応しちゃう。

名前を言うだけでもゾゾッとしちゃうの。

だからカワイク呼んじゃう。

 

怖っかった記憶って、

どんなこと?

 

草むらで犬と遊んでてね

素足にホウレン草のお浸しみたいに

潰れていっぱい付いてたことがある。

あと桜の木の下は、死骸を避けながら、

糸で垂れ下がっていないか

上下チェックしながらビクビクしてた。

 

桜のは、かぶれることもあるらしいけど、

そんなに怖いかな~。

とうもろこしの虫は、

農薬が少なくて安心だね。

 

極度に怖がる必要はなかった。

きっと平気な人は

びっくりもしないんだろうね。

でも、ゴキブリは平気だよ。

若い頃はキャーキャー言ったけどさ

 

阿ちゃん、いつの間に克服したの?

 

え~分かんないよ。

結婚したら旦那がキャーキャー言って

私がやるしかなかったんだよね。

 

自分よりさらに怖がる人がいると

自信を持つ。

そしていつの間にか変わっているよ。

 

元旦那さんのお陰で

ゴキブリを克服できたんだね。

 

変なの、

そんなことで自信が持てるなんてね。

 

じゃ、持てればいいんだ、自信を!

怖れるときは、どんなことも

自信がないと気づけばいいんだよ。

 

もう、ケムケムが襲ってきても

自信を持って対処するよ。

あっ、思い出した!

私はあの時、

潰れた、ホウレン草のお浸しを

どうすればいいかで、パニックになったんだ。

家に帰って雑巾で拭いたけど、

あの雑巾はどうなったか思い返してた。

 

阿ちゃんは対処の仕方が

怖かったんだね。

 

もうケムケムは襲ってこない

対処もできる。

やっと、そう言えるようになりました。

 

 

関連ページ

人の目
人の目を気にすると、自分じゃない行動をしちゃうね。ホントの気持ちで行動しよう。それが幸せだもん。
恥ずかしい
「恥ずかしい」は自分を傷つける。自信がないから人の目が怖かったんだ。安心するための自分の言動に気づいてみよう。私はもう恥ずかしくありませーんと叫んでみよう。
過食症
過食症は、現実を受け入れたいと思っているが、受け入れられないために行う行為。心の思いが肉体の行動にあらわれる。心が受け入れられない代償行為として食事で心を満たそうとしていた。食べ終わると「太りたくない」て受け入れられなくて嘔吐してたんだ。今の現実を受け入れ、自分を愛することで止めることができた。
先祖から子孫へ
子供の頃に叱られた記憶が、自分の子供にも強要していたんだよね。家系の連鎖は先祖から子孫へと続いていくよ。それに気づくまではね。
束縛と依存
束縛されても「愛されている」と思い込んでいた。だからその時は、自由がなく苦しくても、愛されたかった。自分を愛していない人は、だれも愛することができない。
浮気を疑う
浮気を疑って、傷ついているのは自分自身。過去の記憶によって、似たような状況があると、自動的に思い起こされて嫌な感情がわいてくる。疑う気持ちを手放そう。愛する人に正直に聞いてみよう。お互いの経験の違いを楽しもう。
嘘と本心
真実を話さないで黙っていることは、嘘をつくのと同じ悪いことだと思っていた。黙っていても、嘘をついても、自分も相手もゆるします。
同調圧力
相手の意見に、調子よく「そうだね~」って合わせちゃう。少数意見を言う勇気はないし、嫌われたくなかった。でも、本心を言わずに、相手に合わせていると、気分はモヤモヤして苦しくなってた。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム