反発心は手放そう

えこひいき

阿吽の気づき:相手によって態度を変える「えこひいき」って、あるよね。「この人の話しは素直に聞ける」けど、「あの人の話しは反発して聞けない」 でも、「えこひいき」すると、「えこひいき」されるが、セットだよ。

 

阿ちゃん、

「えこひいきする上司が嫌い」って

友達が、言ってきたんだ。

 

吽くん、「えこひいき」なら

私の上司もしてくるよ、ほんと、嫌な感じ。

 

阿ちゃんも、感じているんだね。

「自分は評価されない」って、友達が言ってた。

ねたみ、自己否定、不満、

不健康な感情で、傷つくよね。

 

でもさ、原因は外にはなくて、

自分の考え方にあるんだよね。

 

そうだね、友達もそうだけど、

阿ちゃんと僕が、「えこひいき」を持っているからだね。

 

吽くんは、心当たりあるの?

 

う~ん、確かに、気の合う後輩がいる。

可愛がったり、仕事を手伝ったりしている。

 

なぜ、その後輩の面倒をみたくなるの?

 

僕は、出来があまり良くない人、

手がかかる部下が、可愛いいのかも。

 

吽くんは、面倒見がいいんだね。

 

僕、小さい時から、そうだった。

同じ園児の靴下を履かせてる写真があったよ。

出来ない人の役に立ちたいって、あるのかも。

 

私はね、気が合う人とは、もっと仲良くなりたくて、

無意識で「えこひいき」しちゃうね。

 

この世界は、相対的な二極からなる。

「気が合う」を持っているということは、

その逆を持っているということ。

 

カニさん、「気が合わない人」も、

いるってことだね。

 

いるよ、いるいる!

私の意見に、批判的で反発する人は、

やっぱり、好きになれない。

 

好きじゃない人と、話しをする時って、

壁を作っちゃうよね。

 

うん、反発しちゃう。

素直に受け入れられない。

私は、特に父親の言うことに反発しちゃう。

 

わかる、わかる!

親子は遠慮がないからね~

 

反発すれば、反発のエネルギーが返ってくるよ。

 

もうやめます。父親への反発は、

もう十分に経験したので、手放します。

 

職場で、ありがちなのはさ、

男性は、容姿が美しい女性社員には優しいのに、

そうじゃない女性には、違う態度。

 

態度を変えるなんて、も~

 

誰かさんも、イケメンに鼻の下、

伸びてるんじゃないの~

 

イケメンじゃ、しょうがないの~

 

劣等感を持っている人は、えこひいきをしてしまう

自信がある人は、人を差別しないよ。

 

劣等感なら、けっこう持ってる。

容姿、学歴、才能、気にしてるもん。

 

「えこひいき」すれば、「えこひいき」される。

これが、宇宙のことわりだよ。

 

えこひいきは、手放します。

「できの悪い部下の役に立ちたい」は

成長の妨げにならないよう考えて行動します。

 

気が合う、合わないで、態度を変える、えこひいきは、

もう十分に経験したので、もうやめます。

 

友達は、えこひいきと言わなくなりました。

 

私は、誰に対しても平等になりました。

上司のえこひいきは、感じなくなりました。

 

関連ページ

ゴルフ
ゴルフは感情の解放になる。思い通りに行かないことを楽しんでる。相対的でしかない考え方の感情だけど味わうことで生きる実感が湧く。日常も同じように最高に楽しんで遊べるといいね。
自分を見失う
自分の服、自分の車、自分の役職は自分じゃないのに、自分を飾って、それが自分だと思い込んでいた。 だから相手から見下されている気がしたんだ。
スポーツがストレス
楽しいはずのスポーツが、勝ち負けにこだわって、いつの間にかストレスになっていた。スポーツは、勝敗を決めるための争いじゃない、プライド、ほこりのためでもない。夢中で遊んでいる過程を、みんなで楽しもう。
正直者が馬鹿をみる
「正直者が馬鹿をみる」それが真実のように思い込んでいた。法律を巧みにかいくぐりお金儲けのために、ワイロや接待が当たり前、「皆もそうしてる」って言い訳してた。誠実が、誠の実りを生み出すってわかったよ。
先生と呼ばれる
「先生」と呼ばれる人って、偉大なんだけど、傲慢で人を見下す人ってイメージを持っていたんだ。だから「先生」と呼ばれたくなかったんだよね。
同窓会でよく見られたい
同窓会で「良く見られたい」と無意識に思っていたら、逆に恥ずかしいことが起きて「良く見られたい」のにって思ってる。自分の思いが現実になっただけだった。
配偶者をバカにする
相手をバカにして侮辱してしまうのは、「バカにされたくない」を持っているから。「バカにされた」と心が捉えると、過去に自分が否定され傷ついた記憶が呼び起されて、怖れを感じている。そしてまた「バカにされたくない」から、相手をバカにしてしまう。これの繰り返しから卒業しよう。
ひじをつくのは横柄
お客の立場で、ひじを突くのが偉そうで横柄に見えた。過去に感じた記憶が思い起こされて、その仕草を見て嫌な気分がしたんだ。「偉そう」を手放したら、自分が「謙虚」にふるまっていたことに気づいたよ。
頑張っても報われない
「頑張れば頑張るほどに、報われる」って思っていた。だから表裏一体の「頑張っても報われない」と言う人が、目の前に鏡となってあらわれたんだ。
うらやましい
嫉妬は、過去の記憶が呼び起されて感じていた。嫉妬するエネルギーは自分自身を傷つける。要らない考えは手放そう。もしくは、考え方を変えて前向きに考えてみよう。
知ったかぶり
知ったかぶりして、話しを合わせてしまう時ってあるよね。相手と対等でいたいし、馬鹿にされたくないんだ。でも心はドキドキして緊張してる。そんなエネルギーの無駄遣いは、もうやめよう。
褒められて嬉しい
褒めてくれた人は誰かと比べて言っている。「褒められた」と心が捉えると、「嬉しい」感情が湧いてくる。その逆の「注意された」と心が捉えると、「苦しい」感情を経験する。対立する二極から、自分を解放しよう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム