他者に認められるのではなく、ありのままの自分を認める。

人の目

阿吽の気づき:人の目を気にすると、自分じゃない行動をしちゃうね。ホントの気持ちで行動しよう、それが幸せだもん。

 

阿ちゃん、を見たよ。

 

どんな夢だったの?

 

続きものみたいで2つ。

1つ目は広い部屋でグループに分かれ営業してる。

僕はそのひとつのリーダーみたい。

隣りのグループの女性から好かれているみたい。

視線を感じたり、その人の服が僕の机に置いてあったりする。

 

恋話かしら、ワクワク♪

 

二つ目はたぶん同じ女性のような気がするけど、

化粧品売り場みたいなところへ一緒に行くんだ。

その女性が僕の顔に「これがいい。」て

ファンデーションみたいなのを、

丸く塗り出すんだよ。

周りに人がいるけど、「別に関係ない。」て考えてた。

 

他に感じたことは?

 

僕も含めてみんな日本人じゃない。

あと、共通して他者の視線にドキドキ感があった。

相手の考えが分からないからスリルがあるって感じ。

 

確かに人の目は気になるよね。

 

気にするから行動が変わる。素直になれない。

思い出した!

周りを意識し過ぎてたんだ。

例えば、昔ね異性と2人で飲みに行くのはいいけど、

3人以上は好きじゃなかった。

一人の女性の素敵なところを褒めるたりすると

他の女性が、嫌な思いをしそうで、

素直な発言ができないと思ってた。

 

気遣いはステキだと思うよ。

 

聞いている人が「私は違うから言われない。」

て悲しい思いをする気がして…

 

傷つけまいと。

 

ホントに傷つけていたのかな?

それは勝手に自分が思い込んでたことなんだ。

 

「私は違うから言われない。」

の記憶を持っているんだね。

 

思い出せないけど、あるんだろうね。

 

吽くんは、小学生時、

2人の女の子が一緒にやってきて

告白されたって言ってたよね。

「どっちが好き。」て聞かれたって。

 

阿ちゃん、よく覚えてるね。

そういえばそうだった。

あの時「両方好き」て言ったら。

「じゃ私たち、どちらも付き合わない。」て。

「どちらかだったら付き合うつもりだった。」て。

 

ククク、告白されたのにフラれてる。

 

小学生の時の、記憶の再生かな

僕はその時、「2人を傷つけた。」て思ったんだ。

でもそうじゃなかった。

罪悪感で自分を傷つけてたんだ。

 

これからは、人前で、好きなだけ

阿ちゃんを褒めてもいいよ。

 

長所を見つけて、褒めることが

良いことだって思い込んでた。

無意識で相手を褒めようとしてたんだ。

誰かと比べて、あなたはこうだって言ったところで、

言っている人の基準でしかない。

良い悪いの判断を押し付けることじゃない。

 

そんな風に思わなくていいんじゃない。

落ち込んだ時に、誰かの言葉が

支えになることはあるよ。

吽くんは、相手の個性を伸ばす、天才だもん。

 

阿ちゃん、ありがとう。

この経験に感謝し手放します。

記憶を胸から取り出し、

吐く息で宇宙に、消えちゃった。

 

潜在意識は一人称でしか解釈しない。

相手に見えることは、自分も持っている。

他者を褒めることは、自分を褒めるということ。

 

僕は人の目が気にならなくなりました。

自由になったんだ。

自由になった実感

 

阿ちゃん、気づいたよ。

 

吽くん、どんなこと?

 

今朝、会社でね。

「おはようございます!」て入った時に、

いつもなら大きな声で挨拶する部長の声が

聞こえなかったんだ。

 

どうしたんだろうね。

 

そう、以前なら、

「どうして僕に挨拶してくれないの?」

「気に障るようなことしたかな?」て

思考がすぐに反応していた。

でも今回は反応しなかったんだよ。

 

どうでもいいことになったんだね。

 

そうなんだ!

周りの反応が気にならない。

その心地良さを体験したよ。

 

おめでとう、吽くん。

 

ありがとう。

周りがどう反応しようと

自由になったんだって、

実感した。

 

そのうちに、気にしていたことすら

忘れてしまうね。

 

 

関連ページ

恥ずかしい
「恥ずかしい」は自分を傷つける。自信がないから人の目が怖かったんだ。安心するための自分の言動に気づいてみよう。私はもう恥ずかしくありませーんと叫んでみよう。
過食症
過食症は、現実を受け入れたいと思っているが、受け入れられないために行う行為。心の思いが肉体の行動にあらわれる。心が受け入れられない代償行為として食事で心を満たそうとしていた。食べ終わると「太りたくない」て受け入れられなくて嘔吐してたんだ。今の現実を受け入れ、自分を愛することで止めることができた。
先祖から子孫へ
子供の頃に叱られた記憶が、自分の子供にも強要していたんだよね。家系の連鎖は先祖から子孫へと続いていくよ。それに気づくまではね。
束縛と依存
束縛されても「愛されている」と思い込んでいた。だからその時は、自由がなく苦しくても、愛されたかった。自分を愛していない人は、だれも愛することができない。
毛虫が嫌い
毛虫が嫌いなのは、過去の感情の記憶を持っているから。嫌いなものを克服しよう。昔はゴキブリも怖かったんだけどな~
浮気を疑う
浮気を疑って、傷ついているのは自分自身。過去の記憶によって、似たような状況があると、自動的に思い起こされて嫌な感情がわいてくる。疑う気持ちを手放そう。愛する人に正直に聞いてみよう。お互いの経験の違いを楽しもう。
嘘と本心
真実を話さないで黙っていることは、嘘をつくのと同じ悪いことだと思っていた。黙っていても、嘘をついても、自分も相手もゆるします。
同調圧力
相手の意見に、調子よく「そうだね~」って合わせちゃう。少数意見を言う勇気はないし、嫌われたくなかった。でも、本心を言わずに、相手に合わせていると、気分はモヤモヤして苦しくなってた。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム