不安や恐れは、自分の心が作り出した幻想

浮気を疑う

阿吽の気づき:浮気を疑うことで、苦しみ傷ついているのは、自分の心。過去の記憶が、自動的に思い起こされて不健康な感情が湧いている。不安な気持ちを手放そう。心配ならば愛する人に、正直に話してみよう。お互いの経験の違いを楽しもう。

 

吽くん、奥さんの浮気を

疑ったことってある?

 

阿ちゃん、妻が浮気するなんて、

考えた事もないよ。

 

お友達の女性が、

結婚することになったんだ。

 

おめでとう~

 

でも彼女は、

過去の恋愛で浮気をされたことがあって、

今の彼を疑ってしまうって。

 

過去の記憶が呼び起されて

同じ感情が湧いているんだね。

 

過去と同じように、本心を話したら、

関係が壊れるんじゃないかって、

怖くて、聞けない。

だから、考えないよう気分転換してる。

帰りが遅い時は、先に寝たふり、

気にしてないふりをするって。

 

彼を信頼できないなんて、寂しいよ。

我慢は、愛じゃないのに。

 

女性の場合信頼の崩壊

婦人科の病として

肉体に現れることがあるよ。

 

カニさん、ばっちり現れました。

彼女も、私も、婦人科の病で手術しました。

私は、夫が浮気しても、気づかないふり、

「寂しい」って言うのが怖かった。

「私は愛されてない」って自分を責めてた。

信頼は、砂のお城のように、簡単に崩れちゃった。

 

彼女の悩みは、阿ちゃんの心が、

外に映し出されている、鏡の法則だね。

 

類は友を呼んだんだね。

私の中にある浮気の記憶、

寂しさ、悲しみを手放します。

イメージの砂浜に「私は愛されてない」を書いたら、

大きな波が、跡形もなく消してくれた。

 

僕は、愛する人の過去も、

寄り添って愛するよ。

 

私は、過去の経験を

受け入れることができました。

 

関連ページ

人の目
人の目を気にすると、自分じゃない行動をしちゃうね。ホントの気持ちで行動しよう。それが幸せだもん。
恥ずかしい
「恥ずかしい」は自分を傷つける。自信がないから人の目が怖かったんだ。安心するための自分の言動に気づいてみよう。私はもう恥ずかしくありませーんと叫んでみよう。
過食症
過食症は、現実を受け入れたいと思っているが、受け入れられないために行う行為。心の思いが肉体の行動にあらわれる。心が受け入れられない代償行為として食事で心を満たそうとしていた。食べ終わると「太りたくない」て受け入れられなくて嘔吐してたんだ。今の現実を受け入れ、自分を愛することで止めることができた。
先祖から子孫へ
子供の頃に叱られた記憶が、自分の子供にも強要していたんだよね。家系の連鎖は先祖から子孫へと続いていくよ。それに気づくまではね。
束縛と依存
束縛されても「愛されている」と思い込んでいた。だからその時は、自由がなく苦しくても、愛されたかった。自分を愛していない人は、だれも愛することができない。
毛虫が嫌い
毛虫が嫌いなのは、過去の感情の記憶を持っているから。嫌いなものを克服しよう。昔はゴキブリも怖かったんだけどな~
嘘と本心
真実を話さないで黙っていることは、嘘をつくのと同じ悪いことだと思っていた。黙っていても、嘘をついても、自分も相手もゆるします。
同調圧力
相手の意見に、調子よく「そうだね~」って合わせちゃう。少数意見を言う勇気はないし、嫌われたくなかった。でも、本心を言わずに、相手に合わせていると、気分はモヤモヤして苦しくなってた。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム