人生は最高のことしか起きていない。

「人間万事塞翁が馬」

幸福や不幸は、全体を通してみれば転じている。
目の前の状況に振り回され、一喜一憂することはない。
すべては流れるように繋がって必要なことが起きている。

 

「人間万事 塞翁が馬」(にんげんばん じさいおうがうま)
中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。

 

中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。

 

ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。
この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。

 

ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

 

そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。
そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、

 

老人は首を振って言いました。
「このことが災いにならないとも限らないよ。」

 

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、

 

老人は平然と言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

 

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲撃してきました。
城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くはその戦争で死んでしまいました。
しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。

 

「人間万事 塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。
「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。

 

「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」
という事です。

 

参考資料:http://www.mizz.jp/

関連ページ

人生のシナリオ
人生のシナリオは潜在意識が教えてくれる。否定する思考を手放すと、人生のシナリオに沿った生き方、出会い、環境が作られていくってさ。
睡眠
睡眠は心を癒すためにするんだね。夢は心の抑圧から解放するために見るってさ。夢はメッセージ、持っている感情、考えに気づけるね。
全てはひとつ
愛が愛を経験するために、ひとつから私たちは分かれたんだって。他者がいるから自分を認識できるんだね。だからこそ同じ考えの人間を演じる必要はないね。そして一人ひとりが見ている現実が違うんだってさ。
時間を設定
口癖の「時間がない 忙しい」は現実になるよ。遅刻しそうな時は時間を設定してみよう。焦る感情が起きたら手放してみよう。時間を設定すれば期限に完了するってさ。
心の解放が進むと
心が解放されていくと、後悔や不安がなくなります。顕在意識と潜在意識の境が薄らぎ現実に現れるのが早いです。自分の望むことに意識を向けましょう。自分の役割に気づき愛に満ちた世界を創造し始めます。

 
トップページ サイトマップ 気づきフォーム 気づきのお茶会