思い込みが、自分を傷つける

猫背のふり

阿吽の気づき:自分の思い込みが、真実のように、自分を縛り、自分を苦しめていた。でも、自分をいつわっていた経験のお陰で、本当の自分を感じることができたんだ。

吽くん、よく行くスーパーにね、

素敵な店員さんがいるの!

 

阿ちゃん、お気に入りなんだね。

どんな風に、素敵なの?

 

とっても、姿勢が良いい

スラーっとしてて、さっそうと仕事をしているの。

いいな~、うらやましいな~って、思った。

 

うらやましいの?

阿ちゃんは、ちょっと…

猫背だもんね。

 

私はね、背筋を伸ばすような、勇気はないの。

だって、背筋を伸ばしたら、

威張ってるとか、

気取ってるとか、

思われたくないからね。

 

スーパーの店員さんは、

威張ってたり、気取ってるように、

見えたの?

 

見えないよ!とっても優しかった。

店員さんに、おススメのお菓子を、聞いたんだ。

そしたら、しばらく、考えてくれて、

「さくさくパンダが、おススメです」って。

丁寧な対応だった。

 

姿勢が良いのは、

威張ってるの?

 

威張ってない!

 

姿勢が良いのは、

気取ってるの?

 

気取ってる、わけじゃない!

私が、思い込んでるだけだった。

私は、姿勢を伸ばしたかったけど、

嫌われるんじゃないかって、

怖かった。

だから、背中を丸めて、

私は、威張ってません!

私は、気取ってません!って

自分を、隠してるつもりだった。

 

自分じゃない事してたら、

苦しいよ。

 

ずっと苦しかった。

周りの評価が気になって、出来なかった。

だから、店員さんのことが、うらやましくて、

輝いているように、見えたの。

 

うらやましいなら、真似ればいいよ。

その人になったように、生きればいい。

 

カニさん、真似してもいいのね。

背筋を、伸ばしても、いいんだ!

「本当の私は、猫背じゃありませ~ん」って、

叫んじゃおうかな。

 

自分を縛っているのは、だれ?

 

私です。私自身です!

私は、美しい姿勢になりたい!って、ずっと思ってた。

猫背になって、自分を隠さないと、

愛されないって、思ってた。

猫背にしていた経験は、もう十分なので、

経験に感謝して、手放します。

勇気をもって、丸めていた背中を、伸ばしてみると…

部屋の、天井が見えた。

私は、視界が広くなった気がした。

見ている世界が、変わったんだ。

 

「美しい姿勢」と「猫背」は、相反する二極だね。

スーパーの店員さんは、

阿ちゃんの心が、映し出されていたんだね。

 

私は、自分を隠さなくても、よくなりました。

鏡になって、気づかせてくれた、

姿勢のいい店員さんに、感謝します。

普通は、常識は、

阿ちゃん、最近姿勢が、

美しくなったね。

 

吽くん、そうなんだよ!

自分でも、素敵って思うんだ!

あれ、なんか変だよ、違和感がある。

 

どんな風に?

 

なんだか、後ろめたいような…

うぬぼれてる、とか

あきれられたり、

笑われるんじゃないかって、感じがする。

 

僕、そんなこと思ってないよ。

 

思い出した!

私が子供の頃に、テレビを観ていて、

司会者が、グラビアアイドルに向かって、言ったんだ。

「美人ですね~」って。

そしたら、そのグラビアアイドルが、

「はい、私美人ですから、当然です!」って言ったの。

 

へ~、誰だろう。

すごい、自信だね。

 

覚えてないんだけど、

実際、その女性は、とっても美人に見えた。

でも、「普通、そこは、謙遜するのに!」って思ったの。

 

日本人は、褒められたら、

謙遜するのが、普通だね。

 

そう、私の、考え方の基準が、

普通、とか、常識的に、とか、

一般的と比べて、当てはまらなかったら、

「うぬぼれてる、変な人!」って思ってた。

だから、

自分が、非常識なことすると、

変な人に見られるような、気がしてたんだ。

 

ゆがんだ目で見ると、偏見が生まれる。

人を評価する時は、

個人の感情を捨て、純粋な目で、見るんだよ。

 

カニさん、私は、自分のこと、

「可愛い」とか、「素敵」とか、

思っちゃいけないと、思ってた。

常識に、とらわれてたんだ。

うぬぼれても、いいよね。

うぬぼれることは、悪いことじゃない。

 

阿ちゃん、可愛いよ~

 

吽くん、ありがとう、とっても嬉しい~

「私は、可愛いんだ!」って、

言っても、違和感がなかった。

私は、素直な気持ちを、言えるようになりました。

関連ページ

残さず食べなさい
親が言っていたことを大事に持ってた。睡眠不足になると食事で愛の補給をする。罪悪感の記憶が罪悪感を感じることを作り出していたんだね。
話しを聞いて
親との関係でできた感情は記憶になって再生される。それが伴侶、子孫へと伝わっていくんだね。代々受け継がれる家系が持つ意識なんだって。
子供の接し方
親は子供が子供のままでいてほしい。子供の自立心を考えて行動しよう。苦労を掛けたくないは親のエゴだよ。
学びの邪魔
「手伝うことは良いこと」て思い込んでた。相手の学びの邪魔になってるなんて気づかなかった。失敗したって素晴らしい経験で、財産なんだ。
わがまま
「わがままは悪いこと」て思ってたんだ。我慢して自分を押し殺して自分を傷つけていたことに気づかなかった。ありのままの自分を表現して自分を大事にしよう。
計画が苦手
旅行や仕事の計画を立てるのが苦手だったの。計画通りいかないのが怖かったんだよね。その記憶から、さらに苦手と思うことが作られてたんだ。
旅行が苦手
理由は分からないけど、旅行が苦手なんだ。その記憶を持っていると、「帰りたい」現実が作られちゃう。感情はもう十分に味わったので手放します。
食べても太らない
自分のこと決めつけてない?「食べても太らない」て言ってたら実現するよ。「晴れ女」「私は運がいい」て言ってればそうなるね。プラス、マイナスなことに関係なく、自分につけたレッテルを手放そう。
ジンクスに頼る
勝つために、縁起を担いだり、ジンクスに頼ることって、あるよね。幸せに思えない状況でも、感謝や、ユーモアを忘れず、幸せを見出せる人が、本当の勝者かもね。
職場の嫌いな人
私の嫌いな人は、自分の心の反影、自分を映し出す鏡の役割をしていたんだ。相手を批判する必要はない。相手を受け入れてみよう~嫌いな人はいなくなるよ。
うるさいから静かにして
他者に注意するのは、過去の記憶からだよ。注意する側は注意される側の経験を持っている。
苦労は買ってでもしろ
「苦労は徳を積む」て思い込んでた。苦しくても「試されてる」て思うようにして頑張ってたんだ。でもねそれは、自分が作り出した考え方に囚われていただけ。
褒めるのは従わせるため
子供や部下を褒める目的ってな~に?相手をその気にさせるため?自分に従わせるため?素直な気持ち?心にある微妙な目的に気づいてみよう。
マンネリが安心
楽なことが幸福、なにもないことが幸せ、今の状況に慣れているから楽なだけだった。それが幸福なんだって思い込んでいたから、ちょっとした変化やトラブルで不安になっていたんだよね。
障害者への偏見
自閉症の子供に好きなことをさせて才能を伸ばすことが大事って聞いたけど…健常者も同じだよね。持っている才能は皆一人ひとり違うんだもん。
「~であるべき」「~しなくちゃいけない」
自分のこだわり、信念が、自分の可能性や自由を奪い苦しめていたんだ。「~こうあるべき」「~しなくちゃいけない」は手放していこう。
贅沢は敵
子供の頃に言われた「贅沢は敵」の言葉を持っていると、贅沢してるって感じて、罪悪感を味わってることに気づいたんだよ。
本人に名前を聞くのは失礼
昔の知り合いにバッタリ会ってさ、名前が思い出せない時ってあるよね。「本人に名前を聞くのは失礼なこと。」て思い込んでた。
外出しないと勿体ない
休みの日って何してる?「外出しないと勿体ない。」て当たり前のように思い込んでいたよ。勿体ないが現実になるよ。
合理的に仕事をする
聞いたこと、見たこと、に影響を受けて、度々思い出し、強められ、捉われていく。こだわりは、かつての記憶からきているんだね。
話しは最後まで聞く
相手の話しは最後まで聞かなきゃいけないって、相手を見て思ってたみたい。その状況が作られて気づいたよ。
飴とムチ
子供への教育は「飴とムチ」って信念は、真実ではないよ。真実だと思い込んでるから気づかないんだ。
敬語を使わなくちゃいけない
職場に行くと「敬語を使わなくちゃいけない」という意識が漂っている。無意識でその逆の、ため口を言ってしまうんだ。
私が話したのに聞いていない
似たような出来事で過去の記憶が呼び起こされ、同じように捉えて、感情が湧いていたんだね。
卑下してしまう
相手が女性だから、下心があるように思われたくなくて連絡しづらくなっていた。でも大元の原因は、自分にはその価値がないと思い込んでいたからだった。
トイレをゆずりたい
公共のトイレで子供に順番をゆずったんだ。良いことをしたって思い込んで、また同じ状況が作られ経験してるだけだった。
浅はかで軽率
「浅はかで軽率なことをした~」て何度も思っていたから、その感情を味わうために無意識で行動してしまうんだね。
むくいてあげたい
「むくいてあげたい」を持っていると、むくえてない自分を感じ、罪悪感や無力感を抱いてしまう。世の中の出来事は、自分の言葉や思いによって作られているんだね。
期待と失望
過去の記憶から期待してしまうんだね。過剰な望みを抱くと、その表裏一体の失望感を味わうことになるよ。期待は手放そう。
お返しを考える
何かを受け取るたびに、相手にお返しを考え「申し訳ない」感情で、お返しをする。自分の罪悪感を癒すための行為は卒業します。
まだある、もうない
「まだある」と捉えるか、「もうない」と捉えるか、捉え方は自由だけどさ、どちらの考え方も押しつけることじゃない。今を楽しもう
せっかく買ったのに
「せっかく買ったのに」は、心が執着を生み出している。「せっかく苦労して○○したのに、もったいない」って損得勘定で判断しているから、自分を見失う。
やってくれればいいのに
似たような状況で、何度も同じことを考えていたみたい。自分の心が鏡のように映し出されて、周りの人が言い出したから気づいたよ。自分の二極からなる考えを手放そう。

 
トップページ サイトマップ 気づきのお茶会 気づきフォーム